ベンツSL63AMG(4)・お知らせ

 まずはお知らせから。
ついに来週の10月3日、駿府匠宿にて「静岡オートモデラーの集い」が開催されます。詳しくは連絡用ブログ
http://automodelers.dtiblog.com/
をご覧ください。
 静岡近辺に在住のモデラーを中心に、今年も多くの作品が集まる予定です。参加・見学ともに無料(駐車料金のみ\400/日が掛かります)ですので、是非遊びに来てください!午後にはメーカー様から提供していただいた抽選会も行います。
 会場となる駿府匠宿http://www.sunpurakuichi.co.jp/takumi/は、今川、徳川時代から受継がれた静岡市の伝統産業と歴史を テーマに静岡ならではの生活文化を幅広い年齢層の方々に体験していただける施設(公式HPより)です。
 また、前日の土曜日には地元モデラーによる製作実演を行います。こちらはジャンルがガンプラや飛行機など各ジャンルとなりますが、普段見られないテクやちょっとしたコツなど、勉強になりそうな企画ですので、併せてよろしくお願いいたします。

 さてベンツSLのほうは、シャーシが完成。わたしげさんに追加をお願いした名前デカールも到着し、早速貼りつけ→クリアーコートまで完了。来週の展示会にはぎりぎり間に合いそうです。
R0019612 R0019615 R0019618 R0019621

 まだクリアー乾燥中ですが、試しにシャーシと合体させてみました。スプリング式のサスが不安定で車高調整する必要があるものの、結構いい感じ



あれ?

( ゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゜ Д゜) …?!

(つд⊂)ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ

ガ━Σ(゜д゜lll)━━━ン

ここまできたらもう、すっとぼけるしかないなorz
R0019609

| | コメント (2)

ベンツSL63AMG(3)・今日のお買い物(9/19)

 3連休の中日、皆様は如何お過ごしでしょうか?私は珍しく3日間ともお休みを頂くことができまして、模型にゲーム(2回目の熱海旅行へ行ってきました)、アニメ三昧の毎日ですw

 そんな感じで、アマガミSLもデカール貼りがほぼ完了しました。
R0019596 R0019598

 雪の結晶パターンは、わたしげさんにお願いしてMDプリンタで印刷してもらいました。いつもありがとうございます。ところが各ヒロインの名前を版下に入れておくのを忘れており、急遽追加で手配してもらいました。現況はひとまず一度クリアーを吹いて、名前デカール待ちの状態です。
 グラフィックは私のお気に入りキャラである森島はるかと妹の美也に加えて、設定と中の人が私好みなw桜井梨穂子と絢辻詞をチョイスしてみました。

 そしてデカールの印刷にノコッチさんがセンチュリー痛車で使われたカラーレーザー対応デカールを使ってみました(以下左カラーレーザー、右インクジェット)。
Sr0019578 Sr0019574 Sr0019585 Slzij

 機種はレーザーがEPSON LP-S5000、インクジェットがEPSON PX-G930。共にトナー(インク)が濃くなるように階調優先、鮮やかな色合いに印刷設定を変更しています。印刷の感想として、色ノリの良さと解像度はインクジェットの方がはるかに上です。比較画像だとそんなに変わらない?感じですが、実際は格段に違います。白と言いながら、かなり青みが掛かっているのも発色の悪さに影響している様な…。貼り易さと薄さは大きな魅力でしたが、今回はインクジェット版を使用しました。とは言え現状でもボディカラーによっては気にならないレベルですし、何よりミラクルデカールの扱いにくさと厚さはあんまりなので、実用化できるよう研究を重ねていこうと思います。

 今週のお買い物はコミックが2冊。マクロスFシェリルの少女コミック版と、ネットで評判だったタイムスリップ物です。
R0019602

 そして、ついに「とらのあな」が静岡にクル―――――(゜∀゜)―――――!!!
http://www.toranoana.jp/info/shop/101023_sizuoka/

 これでアキバへ買出しや名古屋へ用事のついでに久屋大通りまで出向かなくても済むようになります。あとは書泉みたいな本屋が出来れば完璧なんですがね~。流石にそれは無理でしょう。

| | コメント (0)

ベンツSL63AMG(2)・今日のお買い物(9/12)

 先週は所用でお休みをいただきました。楽しみにしていた皆様(いるのか?)、申し訳ありません。ベンツSL製作も2週間分でさぞかし進んだかと・・・すみません、ほとんど進んでませんorz
R0019534 R0019559 R0019563

 ひとまずタミヤのグレーサフを吹いて傷やスジ彫りのチェック後にクレオスの黒を軽く吹き、乾燥したら#1000のペーパーで表面を均します。一部下地やエッジが出てますが、黒だと色むらは問題なく、透けだけ注意してそのまま塗り重ねる予定です。まだまだ厳しい暑さに加えて、シュタゲのパッチを当てたらセーブデータがクリアされてしまったショックからようやく立ち直ったところwなので、製作記はここまで。肝心のデカールは、白デカールをワタシゲさんにお願いし、キャラ絵の編集がもうじき完成といった感じです。

 今週のお買い物は模型がKanonスープラ、ヲタ関連が電撃文庫の新刊です。
R0019549 R0019547 R0019556

 Kanon痛車は、このゲームにどっぷり嵌った身としては待望の製品化なのですが・・・AIRの時ほど嬉しくないのはキャラ絵がイマイチなのと、ベースキットがAMTのスープラだからでしょうか?あと、今度出るタミヤYZRの説明書を貰ってきました。なぜ未発売キットの説明書?というと、タミヤがプレゼン用に小売店へ先行配布しているそうです(最近ではロータス79もそうでした)。注目点として、追って発売されるロッシのフィギュア用にフロントフォークの長さが変えられる様になっています。
R0019542 R0019564 R0019568

 電撃文庫今月の新刊は、竹宮ゆゆこ待望の新作「ゴールデンタイム」と続刊が2冊、あと今年の目録を貰ってきました。ゴールデンタイムは大学1年生の主人公多田万里(ただ ばんり:男)を軸に、入学式で知り合った柳沢と彼を追い掛けてきた完璧なお嬢様の加賀香子たちの恋愛がどうなるか?といった感じの話です。少し前の月9ドラマみたいな雰囲気がありますが、初っ端から竹宮ゆゆこらしさ全開で、かなり面白くなりそうな予感がします。

 そして、一番びびったのが多田万里の出身地。静岡で、日本一長い木の橋があって、観光協会が鐘を建てて、駅前には葱坊主みたいなお茶のモニュメント・・・
Dscf2141 05011815 Img356a6026zikfzj (画像は拾い物)

ここって、実家のちょ~近所なんですけどwwwww(橋まで徒歩5分)

| | コメント (0)

ベンツSL63AMG(1)・個人的な書評(8/22)

 痛プラGPの応募が締め切られ、投票が開始されましたが…ちょっと複雑な投票システムのため、ここでの告知はしばらく様子見してから行います。投票期間も今月一杯かと思っていたら更に一月先の9月末までだそうで、今現在gdgdな上に中だるみもしそうな悪寒。

 さて気を取り直して次に取り掛かる事にします。残り時間を考えると、JMCは結局今年もパス。キットボックスのキャラコン向けにベンツ痛車を製作します。といってもこの暑さでは平日はほとんど手付かず状態orz
R0019422

 今週はボディのパーツを接着したのみ、ほとんど進んでいません。というのも暑さに加え、今週はあの作品の完結編が発売となり、ずっと読んでいました(以下ネタバレ注意)。
R0019418_2

「フルメタル・パニック!」12 ずっとスタンド・バイ・ミー(下)
18年前の「事故」により歪んでしまった世界をリセットするため、レナードとカリーニンは時空通信機TAROSを建設し、ウイスパードである千鳥かなめの力を使って歴史を改変しようとしていた。同じくウイスパードであるテッサと共にかなめ奪還ミッションに挑む相良宗介。かなめが連れ去られた時、級友たちと交わした「必ず連れて帰って来る」との約束は果たせるのか・・・

 今ある世界は、実は正しい世界でない。死んでしまった最愛の人も、有るべきだった世界では死んでいない。だが、その世界で出会う宗介には頬に傷が無い。本当の彼が生きてきたのは、業火にさらされ、残酷で無慈悲な戦闘の世界。かなめが知っている宗介は、そこにはいない。彼と出会わない、彼と過ごしたあの毎日を無かったことになんて出来ない。そうして、全てをリセットして新たな世界に行きたくないか?という甘い誘惑を断ち切ったかなめ。
 ラスボス化して、一時はどうなるか?とやきもきしていたかなめが、最後に根性を見せてくれました。戦闘シーンや登場人物たちの描写も素晴しいけど、やっぱりフルメタはボーイ・ミーツ・ガールなんだな、と実感しました。

 変容が止まり計画は失敗となるが、宗介たちの戦力分散を狙ってソ連の核ミサイル基地を占領したレナードの別働隊によって、この場所に核ミサイルが打ち込まれた。残り時間は30分。自爆を試みたレナードを殺したカリーニンは、かなめを連れて脱出を図るが宗介の反撃により失敗。かなめはテッサたちにより保護され、ミサイルの危険区域から脱出。残されたカリーニンと宗介は最後の決闘に挑む…
 宗介に「才能がない」と言い放つカリーニン。飛行機の墜落現場で赤ん坊の宗介を母親から託され、傭兵に育て上げた彼が欲した「新たな世界」とは?宗介にとっての正しい居場所、才能がない心優しい少年が狼の振りをして戦場に出向かなくてもよい世界。そんな父子のやりとりに涙し、エピローグまで沢山の物語が続く中も涙が止まらず、ずっと泣きながら読んでました。ラノベで泣いたのは文学少女のエンディング以来かも。

 フルメタを読み始めてはや10年。最後の最後もやっぱりボーイ・ミーツ・ガールで締め、ずっと追いかけてきた想いに応えてくれる素晴しい大団円でした。作者の賀東先生、お疲れさまでした。この作品に出会えて本当に良かったです。

| | コメント (3)