アドバンアルテッツア(4・最終回)

 今週は寒さも一段と厳しくなり、なかなか製作ペースが上がらない日々が続きましたが、ラストスパートです。
R0013358 R0013361 R0013364 R0013412 R0013415

 シートベルトはタカタ製なので、緑のクラフトテープを切り出し、バックル類は余り物でそれっぽく組みました。パッドのロゴは以前買っておいたtunermodelmanufactoryという謎のメーカー品のものです。面白いのはステッカーの他にデカールも一緒に入っており、ステッチの表現がされています。
 以降は写真を撮ってませんが、ミラーはタミヤのGTから流用、ホイールをガンメタで塗装、クイックフューラーの加工、ワイパーやドアノブなど小物を取り付けて完成です!
R0013418 R0013421 R0013424 R0013427
 机、汚ェ~orz 実は最後に焦ってトホホな仕上げとなってますが、まあいいやw 明日はこれを持って大阪へ行きます!
 

| | コメント (0)

アドバンアルテッツア(3)・今日のお買い物(1/5)

 今年もよろしくお願いいたします。

 珍しく長めの正月休みをいただきました。かといってどこかに遠出することも無く、帰省と近所をぶらぶらした程度でのんびり過ごしました。なので、アルテッツアの製作もぼちぼち進行しています。
R0013323 R0013332 R0013335 R0013338

 ボディはクレオスのスーパークリアでコート後、ドライブースにて乾燥させました。5日ほど経ってから、いつもの通りに#1500ペーパー→ラプロス2種→タミヤのコンパウンド(仕上目)2回→ハセガワのセラミックコンパウンド2回で研ぎ出し終了。結構いい感じになりましたが、ルーフの黒ストライプ部分に気泡が発生し色が欠けてしまいました。あとでマッキーで塗りつぶしておきますw 個人的には前回のクリアーコート失敗が思い浮かんでひやひやしていましたが、まったく問題ありませんでした。あれは本当に何だったんだろう?
 
 他にはフロントウインドーをボディ面一にするため切り出しました。マスキングテープを張った上に位置をけがき、エッチングソーで切断、ヤスリで成形します。力を加え過ぎるとクリアーパーツが割れたり白化してしまうので、力加減には十分注意します。リアウイングはジャンクパーツをかき集めてそれっぽくでっちあげました。
R0013307 R0013357 R0013316 R0013320 R0013326
 続いて内装です。ハセガワのランエボからドンガラ内装を転用して、センターコンソールをそれっぽくパテ埋めしたインパネを組み合わせます。あとはロールバーの摺り合わせ程度で良しにします。
 ボディがあらかた仕上がったので再来週の関西オートモデラーの集いには間に合いそうです。久し振りの新作なので気合が入ります!ユルい出来ですけどw

 今週のお買い物は模型関連が2点、スタジオ27のデカールとネコパブのムック本、ヲタ関連がCDとライトノベルです。
R0013341

 デカールはマクラーレンMP4-12Cの新作。昨年のマカオGPカップ仕様です。エッチングとホイールは押さえてあるので、あとはキットを買うだけです(←先に買えよw)。本はやすきちくんに教えてもらった鉄道模型向けのデジタルモデリングガイド。ソフトの使い方から始まり、ステッカーやデカール作成の方法が紹介されていて、我らが水谷電気さんの強力なライバル?本です。一通り内容を見ましたが、各章の割り振りページが少なく、値段(¥1,600)の割には物足りないというか、もっと突っ込んだ内容でも良かったような気がします。
 ラノベは野村美月の新作。CDはいつも買ってるアニソンのトランスベストです。
 来週は所用のため更新はお休みします。次回更新は展示会報告、その前に時間があればアルテッツアの完成報告を行う予定です。

| | コメント (2)

アドバンアルテッツア(2)

1355927177164  Merry Christmas!

 世間はどうやらクリスマス3連休らしいですが、私の休みは昨日午後と本日午前のみですたorz  と、ここで愚痴ってもらちが明かないで、アルテッツア製作記の続きです。
 前回下地処理したボディの塗装を行いました。今回は全てクレオス(缶スプレー)で、白サフ→#1白→#79シャインレッド→マスキングして#2黒の順で吹き付けました。ポルシェ962Cの時と同じく微妙に左右対称がズレていますが、気にしないことにしますw
R0013266 R0013274_2 R0013278_2 R0013281 Rimg0004

 次いで黒のストライプを貼ります。今回もGSRのカラーデカール黒を使用しました。誤差の誤差で、もはや左右対称なんぞ気にしてられません。それでも、ぱっと見はカッコイイので良しとします。
 そして、問題のスポンサーロゴです。経年のため白部分が黄ばんでいました。日干ししてニス部分は透明になったものの、ゼッケンなどイマイチ白くないため、漂白剤(キッチンハイター)に浸けてみました。
R0013293 R0013294


 白くなりました!台紙がorz
 印刷部分には効果がほとんどありませんでした。あまりやりすぎるとデカールが溶けてしまうため、このまま使うことにします。シルク印刷では無いので透けもあるだろうし、今回はお気楽に進めます。で、貼りました。
R0013295_2 R0013298
 デカールの黄ばみと透けは思ったほど悪くありません。でも、ロゴが小さめなせいか微妙~に地味?

| | コメント (0)

アドバンアルテッツア(1)

 ムスタングGTPはひとまず置いといて、次のネタに取り掛かることにします。クラブテーマの「アドバン」より、アルテッツアのS耐(Gr.N+)仕様です。
Rimg0003 

 エアロが似ているスポーツ仕様をベースに、わたしげさんから譲っていただいたキットのデカールを用いて、やすきちくんからいただいた資料集を参考に製作します。あちこち違う所だらけなので、あくまで「参考」ですw あまり細かいことにこだわらず作ろうと思います。
 まずはボディのサイドモールを削ります。平らでなくプレスラインが凹んでいるので、モールの上下をラインチゼルでスジ堀りし、その間を先端を研いだ精密ドライバーで削りました。
R0013191 R0013194 R0013200_2 R0013209 R0013212
 他にはドアノブの別パーツ化、リアのクイックフューラーとフロントグリルの開口、リアバンパーの補強を追加して基本工作は終了。
 次は車高、レース仕様なのでペタペタに下げます。タイア・ホイールはタミヤのインプレッサ用を転用しました。リアは元々シャフトなので通す位置を調整、フロントはストラット部に真鍮パイプを貫通させて、スペーサーのポリキャップでアップライトの高さを調整できるようにしました。
R0013215 R0013218 R0013221 R0013224 R0013227
 車高調整のやり方を色々考えるのは好きなのですが、今回はディティールの再現には目をつむり、簡単・確実な方法としてみました。キャンバー等の微調整はホイールの車軸受けで行います。
 今週のお買い物はまたまたヲタ関連です。電撃文庫今月の新刊はソードアートオンラインとなれるSE、珍しくきららキャラット。久しぶりのリリースとなった水樹奈々のニューアルバムです。
Rimg0018 R0013231 R00132555_2
 ソードアートオンラインは加速された仮想空間に閉じ込められたキリトの旅の続編。設定がオンラインゲームというより攻殻機動隊で言うところのゴーストみたいな話になってきてますが、これはこれで面白いんで良しとします。きららキャラットは模型ネタがあるというので、購入してみました。アオシマ(旧イマイ)のビートルを組み立てる話で、意外と面白かったです。発泡スチロールを溶かすのに、タミヤセメントの流し込みタイプを使うなど、芸細ですw

| | コメント (5)