ランチアデルタ(15・最終回)

 昨日はデルタの引渡しを、依頼主の友人宅にて行いました。まずは実物とご対面。やっぱデルタはかっこEEEEEEE! 模型との2ショットを何枚か撮影して、無事納車完了。出来栄えに友人も喜んでくれた様子で一安心です。

Simg_0822_1 Simg_0805_1 Simg_0809_1

 その後は他の友人(とその奥さん・彼女)と合流して近所の居酒屋で飲み会です。私は自分の趣味に関して結構俺様な所があるので、良く知る友人はともかく、奥様・彼女さんはマジ引いていたかも。だからといって改める気はさらさら無いのですがw

 というわけで、デルタ製作記も無事最終回を迎える事が出来ました。完成写真をマイフォトにアップしましたのでよろしければ御覧下さい。また前回更新の補足を少々。ベースはWAVEのTケースを使用しましたが、そのままでは味気ないので床面にRCカー用のカーボンステッカー、アクセントとして運転席側にラリーチーム、助手席側にテクニカルスポンサー関連のロゴ(Mコレの16V赤マルティニ用ハクリデカール)を貼っています。

 本日は他にもネタがたくさんあるので、夜に引き続き更新します。

| | コメント (2)

ランチアデルタ(14)

 この製作記も大詰めになってきました。とりあえず作業工程を箇条書き。

Simg_0712_1 Simg_0714_1

 ナンバー類のデカール印刷、ウォッシャーノズルを虫ピンから削りだし、HFエンブレム取り付け、インタークーラー加工、サイドマーカー取り付け、エキパイ加工etc・・・

 サイドマーカーはHアイズの角にクリアーオレンジを吹きつけたものを一旦取り付けたのですが、厚みがありすぎて不自然なので0.5mmのプラバンで作り直しです。フォグランプも、実車はケース枠から一回り小ぶりであることが判明したため、やはり作り直します。

 とりあえず製作工程の公開はここまで。土曜日の納車の様子や完成写真をアルバムに整理して、日曜日にデルタ最終回を更新します。

| | コメント (0)

ランチアデルタ(13)

 引き続き小物です。ワイパーはブレードをエッチングに置き換え。しかしアームがゴツいエアロタイプなので相対的に貧弱に見えます。他はグリルと、エッチングメッシュを貼りました。グリルは赤い縁取りラインのガタつきと、向かって左下のへこみが気になるなぁ・・・。といっても、これが私の限界ですんで、修正しる!といっても出来ない相談なんですがorz。

Simg_0704_1 Simg_0707_1

 残るはナンバー類、マフラーエンド、フォグランプ、ベースといった所なので、土曜日納車ノープロブレムですよ、DEL坊さん!

| | コメント (0)

ランチアデルタ(12)

 気を取り直して製作再開です。とりあえず先に窓枠やアウトレット周りにクレオスのスーパークリアー(艶消し)を吹付けます。通常はセミグロスか艶消しの黒ですが、ボディが黒であり、かつBピラーに貼ったデカールの保護を兼ねて今回は艶消しクリアーとしました。

Simg_0688_1

 次に (´・ω・`)ショボーンな出来のライトケースを補修します。べたべたと付着したエナメルクリアーを溶剤で拭き取り、リフレクターのシルバーがはみ出た箇所をフラットブラックでタッチアップしてリカバリー成功! (`・ω・´) シャキーンな仕上がりとなりました。

Simg_0697_1

| | コメント (0)

ランチアデルタ(11)

 WFの疲れと暑さで、集中力が持ちません・・・今日はヘッドライトの加工です。ライトケースのメッシュはスタジオ27のエッチングパーツを使用。ロービームのプロジェクターランプはさかつうのパーツにスモークを塗って再現、レンズはモデラーズのライトレンズセットに交換します。レンズの接着しろが断面の小口しかないので、普段のGクリアーではなくエナメルのクリアーで接着したのですが、見事に失敗。とっても汚い仕上がりです・・・orz。とりあえず乾燥させて、はみ出た箇所を溶剤でふき取った様子で判断することにしますが、一気にモチベーションダウンです。こんな日は作業中断。とはいえ、納車日が今週末に迫っているので、明日から気持ちを引き締めてがんばります。

Simg_0687_1

| | コメント (1)

ランチアデルタ(10)

 引き続き研ぎ出しです。ハセガワのセラミックコンパウンドで、傷が目立つ箇所や入隅部分を重点に磨きます。納得できる仕上がりになったら、水洗いしてカスを落として完了。コンパウンド掛けで軟らかくなった塗膜が再び乾燥するまで、ボディの製作はしばらくお預けです。

 ぼちぼち小物類の製作を始めます。まずはナンバープレート。フジミのインレタをスキャンして、ペイントツールで作成します。同様にディーラーステッカーも作成。画像は試しに印刷したものです(サイズは調整します)。

Simg_0658 Simg_0663

 明日は朝からお出かけするので、製作日誌はお休みします。

| | コメント (0)

ランチアデルタ(9)

 本日から研ぎ出し作業に入ります。まずはボディ全体を#1500のペーパーで、当て木をして研磨します。

Simg_0646_1

 当て木は東急ハンズで購入した25mm角のゴムブロックを愛用しています。エッジを削らない様に注意しながら、ボディ全体をまんべんなく研磨します。削りカスを水洗いしてタミヤのコンパウンド(粗目)で2回磨き、再度水洗いしてからタミヤの仕上げ目で3回磨きます。

Simg_0650_1 Simg_0654_1 Simg_0656_1

 左からペーパー掛け、タミヤ(荒目)、同(仕上げ目)完了の画像です。工程を追うごとに鏡面に近くなっていくのが判りますでしょうか?まだまだ磨き傷が目立ちますが、とりあえず今回の更新はここまで。後はハセガワのセラミックコンパウンドでちまちまと磨く、地道な作業が続きます。

| | コメント (0)

ランチアデルタ(8)

 内装色について依頼主(実車オーナー)からコメントを頂いたので、組立開始です。灰緑色は半艶なので、クレオスのスーパークリアー(艶消し)を遠くから軽く吹きつけてアルカンタラっぽい質感を表現します。インパネ・運転席シートはモデラーズのフラットブラックグレー。インパネ中央の補助メーターは、デカールのニス(余白)を手芸クラフトに使う穴あけポンチを用いてくり抜きます。

 シートはレカロのSRタイプ、ステアリングはMOMOのRACE、シフトは限定車のクイックシフトに交換しているので、ジャンクパーツや自作して再現します。他にもラバーシフトブーツとカーボンパネルに交換していますが、後でカーボンデカール貼れば良いと思っていたら全く違う形状であることが判明orz後の祭りです・・・ダメカナ~?(姫子@ぱにぽにだっしゅ)

Simg_0634_1 Simg_0640_1 Simg_0642_1 Simg_0641_1

 残るはボディのみ。表面に爪を立てても痕が着かなくなりましたので、念のためもう一晩乾燥させて明日から研ぎ出しに掛かります。

 次回更新は金曜日夜の予定です。

| | コメント (0)

ランチアデルタ(7)

 足回りパーツの塗装が乾いたので、組み立てます。30分程でシャーシ完成。早速ボディを被せてみます。車高はいい感じですが接地感は今いち。シャーシの剛性がなく、ちょっとした力で捩じれると3点接地となってしまいます。またタイアの外径が大きいというか、扁平率が大きい気がします。狭いホイールへ無理にタイアの外面と合わせているため断面が膨らんでいると推測し、ホイール内側のガイド(ミミ)を削り取ってタイアを奥へ引っ込めた所、いい感じになりました。写真だとちょっと判り辛いですが左がBefore、右がAfterです。

Simg_0623_1 Simg_0632_1 Simg_0627_1

| | コメント (0)

ランチアデルタ(6)

 ボディは旅行前後に2回ずつクレオスのスーパークリアーを吹付けました。天気の良い日には外で乾燥させますが、黒いボディなので熱で変形しないように用心します。

 ボディ乾燥待ちの間にシャーシ・内装を進めます。足回りにクレオスのセミグロスブラック、内装色は写真ではちょっと緑が掛かったアイボリーっぽいのでタミヤの灰緑色(いわゆる零戦の飴色)を吹きます。もし違っていたら連絡ください。

 ここでトラブル。運転席シートの裏打ちが、ドライブースで乾燥中に割れてしまいました。再度パテ処理して塗装です。

Simg_0617_1 Simg_0620_1 Simg_0615_1

| | コメント (1)

より以前の記事一覧