« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

マルボロスープラ(4)

今週から春アニメが続々と最終回を迎え、睡眠不足が続いています(いつもじゃんw)。先期のSHIROBAKOや四月は君の嘘のように熱くのめり込む作品はありませんでしたが、SB69、きんモザ、シドニアなどなど毎週楽しませてもらいました。今週もユーフォがどうなるのか?BS11での放送日である水曜日が楽しみです。

 
スープラはボディのクリアーコートが完了しました。
P6282312
蛍光レッドの割れに注意して厚塗りしないよう五日間に分けて吹いたのですが、完了後に段々と割れてきて、下地の白が見え始めた所が出てきましたorz  写真に撮っても細すぎて上手く写らないくらいの割れなんですが、これからの酷くならないか心配です。なのでドライブースには入れず、ひと月ほど自然乾燥させることにします。その間にシャーシや次回作の段取りを進める予定です。
お買い物日記も特に無く、ひとまず今日はここまで。

| | コメント (0)

マルボロスープラ(3)・最近のお買い物(6/21)

前回IPA漬けとなったスープラですが、塗装してから間もないせいか、二日ほどで塗膜が剥離しました。

P6122311_2 P6142311
 
奥まった所などは歯ブラシで擦りながら落としています。水洗いしてから早速リスタートです。
P6152326 P6162332_2 P6162336 P6172340
 
今回は下地にクレオスのシャインレッドを吹き、色合わせ程度に蛍光レッドを軽く吹くことで塗膜が厚くなるのを防止しました。前回と比べて色が若干濃くなりましたが、何とか割れること無く仕上がりました。勢いついでに窓枠の塗装、デカール貼りまで完了です。
 
窓枠と一緒にボディ裏面も黒で塗装して、透け防止としました。また、蛍光レッドは艶消しなのでデカールの前に一度クリアーで押さえたのですが、塗膜が少し割れ気味になってます。これからのクリアーコートは慎重に作業する必要がありそうです。
 
最近ご無沙汰のお買い物は、ラノベが2冊と来年のお題用キットです。
P6152317 P6212311
電撃文庫今月の新刊はアクセルワールドと時雨沢のGGOです。どちらも前巻まだ読んでないorz カローラはAMSのデカールでマルボロ仕様、BMW635はフジミのアルピナのパーツ・デカールを転用してB7Sにしようと思います。また、ヤフオクを見ていたらジャガーXJS用のデカールが出ていたので落札しました。

| | コメント (3)

ハード&ライト作品展・マルボロスープラ(2)

スープラの製作は順調にきていたのですが・・・やってしまいましたorz 

P6072316_2 P6112317 P6112323 P6112329 P6112332
 
ボディの白を吹いてマスキング、とある模型店で入手したクレオスの蛍光レッド缶スプレーを吹いたところ、蛍光レッドが割れて収縮してしまいました。
原因としては蛍光レッドの塗料が元々割れやすいのに加えて、ムラをなくすため厚く吹きすぎたための様です。とりあえず筆塗りでタッチアップしてみましたが、塗料が重なった箇所が濃く色ムラになってしまったり、段差の凹凸が酷いため、全面剥離することにしました。
P6122313 P6122311
使用したのはイソプロピルアルコール(IPA)。塗装剥離の定番です。具体的には自動車の燃料タンク水抜材そのものなので、ホームセンターで何本か購入してタッパーに浸けました。右画像で一日経過の状態です。たまに歯ブラシで擦りながら少しずつ剥がしていきます。
 
で、土曜日の時間が空いたので、予定を前倒ししてハード&ライトさんの作品展にノコッチさんとお邪魔してきました。
P6132380 P6132344_2 P6132424_2 P6132361
P6132364 P6132373 P6132520 P6132478
P6132469 P6132514 P6132508_3 P6132399_2 P6132401 P6132439
P6132442 P6132500_2 P6132538 P6132539
P6132315 P6132317 P6132324 P6132503   
 
ハード&ライトさんはスケール・キャラどちらもこなすサークルさんで、今回もほぼオールジャンルの作品が集まりました。今回のテーマは「宇宙」ということで、SWやヤマトの作品が多く並んでいました。
飛行機模型サークルのPMCさんをはじめゲスト参加の皆さんも力作揃いで、用意された卓一杯に作品が並びました。展示会イベントはホビーショー以降初めてで、色々溜まった面白い話で盛り上がりましたw
ひいくんさん、ハード&ライトの皆さん、お疲れさまでした!今回も楽しかったです。

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »