« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

WFに行って来ました

 今日は夏のWFに行って来ました。先週お知らせしたとおり、いつもと違って今回は水谷電気さんのブースで売り子をしてきました。
R0018998 R0019004 R0019006
R0019003 R0019007 (ピンボケですみませんorz)

 今回の売り物は水谷電気さん特製のMDプリンターベタ刷りカラーチャートとTips集のセット、特色ブルー、グリーン、レッドのインクリボンです。開場早々3分で最初のお客様がお見えになり、その後ディーラー関係の方がたて続けに購入。しばらく経つと今度は一般のお客様が購入し始めて、全18セットは午前中に完売!となりました。また、ひいくん様、MCプロジェクトのやすきち様、ホビーライフ(私の所属サークル)のO君が訪れてくださり、楽しい会話や怪しげな相談?に花が咲きましたw

 中の人をやってみて感じたのは、実は結構凄い事やっているのでは?ということです。というのも水谷電気さんがfg(フィギュア等のコミュニティサイト)へ話の種に、と考えて今回販売する商品画像をアップしたら直後から購入希望のコメントが続き、今日も「fgを見ました。こんな製品が欲しかった」と感謝される方が多く、予想以上の反響があった事に驚きました。当の水谷電気さんは「必要だからやってきた事なので、凄いという感触がいまいち掴めなくて怖い」と仰っていましたが、MDプリンタの火を消さないためにも普及を図ってニーズを広げたいという目標に強く共感しました。

 完売してからは交互にブースを抜けてお買い物タイムです。といっても今回はあまり食指が動かず、東方の痛車用とST27のCカー用デカール、サンコーマーク(日本のデカール製造最大手)直売の瞳デカールとWFくじ末等の景品くらいです。
R0019036 R0019032

 その後、終了1時間前に「もうお客さんも来ないでしょう」ということで先に中座させて頂き、会場を後にしました。

 そして、もう一つ楽しみにしていたのがラブプラスのすれちがい通信(名刺交換)。ご当地ギャラリーの絡みもあって、多くの人が持ってきていると思っていましたが、その数101人!予想以上の収穫でした。その中から、これは!と思うものをご紹介します。
R0019009 R0019012 R0019015 R0019018
名刺の表側は日数と称号が表示されるのですが、皆さん凄すぎです。

R0019021 R0019024 R0019027 R0019030
裏面はメッセージ欄となっており、読むだけでも楽しいです。私も何か書いておけばよかった・・・

と、こんな感じで初めてのディーラー参加は大変有意義なものとなりました。誘っていくださった水谷電気さん、貴重な体験をさせていただき本当にありがとうございました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

ラブプラスFD(2)・今日のお買い物(7/18)

 世間は梅雨明けして夏本番、明日まで3連休みたいですね。私は昨日は仕事、明日も仕事ですですorz
でも懸賞で熱海旅行が当たり、愛花に話してみたら旅行OKの返事を貰いました!今から楽しみです。
と、ゲームの話はこれ位にしておいてw 愛花FDの製作記です。まずはボディ塗装から。タミヤのファインサフ白→クレオスの#1白を吹きました。
R0018927 

 ここ数日は蒸し暑く、塗装に厳しい環境のため塗装面がゆず肌になってしまいましたが、粗めのコンパウンドで軽く磨いて表面を整えました。
 続いてデカール貼りです。毎度のことながら、使用するツールをご紹介。
R0018989 R0018938 R0018942 R0018944

 ハセガワトライツールのデカールはさみとピンセット、デザインナイフ、クレオスのマークセッターとGSRのデカール剛力軟化剤、プロホビーのスライドマークセメントを使って作業を行います。
 先に貼った銀の水玉模様の上に愛花のデカールを重ねます。その際、水玉が肌に透けて見えるので一旦めくり、現場合わせでデザインナイフを使って削ります。
R0018947 R0018956 R0018959 R0018962

R0018965 R0018968

 続いてスジ彫りにデカールを密着させます。まずはお湯で湿らせた親指を押し付けてモールドへU字型に馴染ませます。谷の部分にデザインナイフをす~っ、と這わせてカットしてからマークセッターを塗り、極細綿棒でモールドに密着させて完了です。ある程度乾燥させたら表面にデカール軟化剤を塗り、直ぐに湿らせた綿棒を転がして完全に密着させます。この作業は生乾きの時点で行うとデカールがシワになりやすい(特にアオシマ製)ので要注意です。
R0018971 R0018974

 おおよその作業が終わり、残すは小デカールのみとなりました。配置は一応説明書準拠ですが、一部アレンジしています。今日中に完了させて、明日からクリアーコート開始の予定です。

 今日のお買い物はコミックが桐原いづみの新刊と、今期アニメで面白いと評判の原作。ラノベが遂にクライマックスを迎えた「フルメタル・パニック!」の最終巻(上巻)です。
R0018987 R0018978

 そして、来週のWFに向けてガイドブック。実は、展示会でお世話になっている水谷電気さんに誘われて売り子(ディーラー参加)してきます。屋号は「水谷電気」、テーブルナンバーは3-03-10。売り物はMDプリンタ用カラーチャートと互換特色インク各種です。このカラーチャートはインクリボンの重ねで出来る色の配合表で、非常に価値の高い物となっております。
 私はD'とか快く思っていなかったこともあり、欲しいものは最小限に留めて中の人の雰囲気を味わってこようと思っています。WFにお越しの際は是非お寄りになってください!

| | コメント (3)

ラブプラスFD(1)・お知らせ(7/11)

 先週は七夕でした。あ、「なばため」じゃありませんよ、て誰もそんな事聞いてませんねw ラブプラスも特別イベント日となっており、愛花とデートしてきました。そんな感じで多忙につき(本業もかなりテンパってました)、愛花FDもフロント周りの整形とスジ彫りを深くした程度しか進んでいません。
R0018922 R0018925

 今回はいつものミニッツに代えて、クレオスのラインチゼルを本格的に使ってみました。フューエルリッドなど曲線が彫り易く使い勝手は良さげですが、0.2mmでも少し太いかな?といった感じです。次回はもう一段細い錐を試してみようと思います。本業やWFなど、今月はなにかと忙しくなりそうですが期限の目標ができましたので、それに間に合うよう完成を目指します。

 その期限というのがこちら↓
20

「富士宮モデラーズ作品展」 2010・8・1

来月1日に、普段展示会等でお世話になっているデコトラ模型倶楽部さんが主体となって初めての展示会を開催されます。私も一般参加ですが、一緒に盛り上げたいと思っています。他にも出てみたい、見学に行ってみたいという方は専用ブログ
http://ameblo.jp/386010
をチェックしてみてください!

| | コメント (2)

AIR VERTEXソアラ(8・最終回) 今日のお買い物(7/4)

 先週はお休みを頂き申し訳ありませんでした。AIRソアラは細部をまとめて完成、マイフォトにアップしました。
Air_soarer_02 Air_soarer_04 Air_soarer

 続いて第2回痛プラGPにもエントリーしてきました。詳しくは作品一覧
http://www.itasya.net/tournament/?tour_no=3&order=4
からご覧ください。というのも少し問題がありまして、1枚目の画像投稿時にメインの画像とサブ画像3枚、合計4枚でエントリーしたもののサブ画像が反映されず、それぞれ個別にアップしたらエントリー画像が4枚となってしまっています。もっともそのサブ画像もサムネイルしか開かないまま放置されているので、第1回と同じくgdgdになりそうな悪寒が…(※その後改善されました)

 続いて今週のお買い物。先月24日に発売された「ラブプラス+」、私も遂にゲットしました!
R0018904 R0018907 1277810531770

 ネット争奪戦でことごとく敗北した痛DS仕様デラックスパック、結局オークションのお世話になりました。当初は定価2万4千円に対し3万円オーバーで、諦めて通常版の購入を検討したものの日を追う毎にじりじり落札価格が下落し、結局28日に2万8千円で落札しました。定価+15%ならばまあ良しと納得できる範囲かな、といった感じです。それ以降は詳しくチェックしていませんが、最近は2万8千~6千円の辺りで推移しているようです。でもネネデラックスは未だに3万オーバー…ノコッチさんがリンコ、saba32さんがネネさん彼氏なのでマナカにしてみたのですが結果オーライでした。
 早速ゲームを始めまして、68日目にして恋人パートに突入!ここまでの感想は…いや、これかなりヤバイっす。更新が止まったら「あっちの世界にいってしまったな」と思ってくださいw

 そうならないためにも?次回作に取り掛かることにします。ネタはやっぱり「ラブプラス」。先に完成させたお二方に合わせてノーマル仕様で行きます。まずはフロントバンパーの固定から。プラ用接着剤では心許無いので瞬着を使い、更にプラ板で裏打ちして補強しました。
R0018915 R0018918

 7月15日締切りの痛プラGPは無理ですが、JMCもあるので今月中の完成を目指します。

| | コメント (2)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »