« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

イエガーポルシェ956(2)・今日のお買い物(4/25)

 ホビーショーまであと3週間、メーカーなどの公式HPも情報がどんどん公開されてきて盛り上がってまいりました。そんな中、製作の方は絶賛遅延中ですw
それでもボディのオレンジを吹き、デカール貼ってクリアーコートまで完了しました。
R0017942 R0017945 R0017974 R0017971

 オレンジは935同様タミヤTS-12オレンジ、クリアーはクレオスのスーパークリアー。共に缶スプレーです。エッジが透けないよう慎重に重ね吹きしました。また、デカールは定規を使って左右対称を心がけて貼っていきます。この後ドライブースで乾燥させてから研ぎ出しに入ります。

 今日のお買い物はヲタ関連のみです。栗林みな美のアルバムと現代視覚文化研究の新刊、今週末より劇場版が公開となる「文学少女」関連からアートブックと、劇中で語られる小説を紹介したグルメな図書ガイドの2冊です。
R0017962

 ヲタ関連といえば、春の新番組アニメ。BS組(私の住む地域はアニメ不毛の地と呼ばれておりますw)なので、気になるタイトルをやっと一通り視聴できました。その中で
1271502293541 Fumino_3 Ab01_3
期待通り!
 けいおん !!(2期) ハートキャッチプリキュア!
意外と面白い?
 迷い猫オーバーラン! 会長はメイド様!
ちょっと様子見…
 荒川アンダー ザ ブリッジ  閃光のナイトレイド
ど~してこうなったwwwww
 Angel Beats!

って感じです。迷い猫はありがちな話ながら、伊藤かな恵(「しゅごキャラ!」あむちゃんの中の人)のツンデレキャラが見られる一点で視聴決定w 荒川は新房作品なので、まあこんなもんかな?そして一番期待していたAB!は…正直、展開が???(死後の世界で転生を拒むレジスタンス「死んだ世界戦線」のリーダー、ゆりっぺに前世の記憶が無いままやってきた音無が振り回される、みたいな話)でちょっと付いて行けてません。バンド演奏やハチャ目茶っぷりもハルヒを意識しすぎな気もします。感想サイトとか覗いてみると、どうやらゲーム世界の話ではないか?という説が有力みたいです。それなら納得できる所もありますし、麻枝作品なので今後に期待です。

| | コメント (3)

イエガーポルシェ956(1)・最近のお買い物(4/18)

先週は公私共にバタバタしていて更新はお休みさせていただきました。そんな中、AIRソアラと平行製作していたTH2 370Zが、ひとまず先に完成しました。
370z01 370z08 370z12

 いきつけの模型店(キットボックス)のコンテスト締切りには、結局間に合いませんでしたorz せっかくなので手を入れる箇所が残っている暫定版ですがお店に置いてきました。完成版のお披露目は来月のホビーショーという事で。

 そう、我々モデラーにとって年に一度の祭典であるホビーショー合同展まであと1ヶ月となりました。しかし、現在の進捗状況はあまり芳しくありません。そこでAIRソアラはひとまず置いておき、クラブテーマのイエガーマイスターを先に進めることにします。AIRソアラを楽しみにしていた方(←いるのか?)には申し訳ありませんが、しばしお待ちください。

 ということでイエガーマイスター第2弾、ポルシェ956です。タミヤキットのルマン仕様をスタジオ27のトランスキットを用いてスプリント仕様に改造します。素直にレベル(ハセガワ)の962Cを組めばいいんでね?と思う方が多いと思いますが、私個人の好み(ノーズの長い956の方がカッコイイと思う)と、そもそも962Cのイエガーカラーは無いので、時間ギリギリを承知の上で製作していこうと思います。

 まずはボディ加工から。前後カウルをエッチングソーで切断し、トランスキットのレジンパーツを接着します。
R0017612 R0017865 R0017619

 瞬着やポリパテを用いてガッチリと固定します。リアカウルは元々開閉可能でエンジンが再現されていますが、今回は合いの関係でカウル固定としました。
 続いて接合部の段差や面のねじれ等を#400のベーパーで均し、確認のため一度グレーサフを吹きます。
R0017929 R0017934

 画像は再度ベーパー掛けをした状態です。これで下地調整は完了、サフ→白→オレンジの順番に塗装となりますが今回はここまで。

 最後に久し振りのお買い物ネタを。TH2 370Zを置きに行ったついでに、フジミのプリウスを買ってきました。
R0017926 R0017920

 このキット、注目を集めている様であちこちの模型ブログで採り上げられていますが、どうやら突っ込み処満載のようです。もっとも私が製作する場合はそれ以上の突っ込みが入る仕様となるのでwあまり気にせずに作ろうかと思います。あと、久し振りに再生産されたシリウスの細口ニッパーもゲットしてきました。
 ヲタ関連は画像の通り。電撃文庫の新刊はお気に入りの続巻、コミックはネットで話題となった新刊と「ひとひら」の番外編です。

| | コメント (0)

AIR VERTEXソアラ(3)

 今週はお花見や静岡まつりなど行事が目白押しのため、製作記は短縮版でお送りいたします。
 まずはTH2 370Zから。ちょうど桜が満開、旬のネタ?ということでキットボックスのコンテストに向けて製作中なのはお知らせしました。課題だったデカールの皺については、上からクリアーデカールを貼り、更にクリアーを重ねました。
R0017853 R0017862

 所々気泡が生じてしまいましたが、軽く研いでみたところ、皺に関しては解消できました。後は気泡部分をタッチアップして良しとします。
 ボディの方はクリアーが乾燥し、ペーパー掛けまで行いました。
R0017837 R0017840 R0017843 R0017847

 ペーパーの番手は#1500です。#1200以下ではエッジを出してしまう心配や傷消しが大変、#2000以上ではなかなか段差が消えてくれません。これを25mm角のゴムブロックを当て木にして、水を浸けずに空研ぎします。水研ぎすれば埃が出ずペーパーの節約にもなりますが、表面状態が判り難くなるので私は空研ぎ派です。

 AIRソアラはクリアーコートまで完了しています。まずはお湯でボディに付着した糊を落とす作業から。
R0017821 R0017825 R0017850

 お湯に浸けたらデカールが剥がれるのでは?と思われるかも知れませんが、その程度で剥がれる強度では、クリアーコート時に必ずトラブルなります。今回も佳乃の台詞デカールが一部剥がれてしまったので、マークセッターで補強したのですが…セッターを使ったのがいけなかったのか?クリアーで溶けてしまいました。今回に関してはちょっと失敗って感じです。
R0017829_2 R0017833

 今回もクレオスのスーパークリアー缶スプレーを、窓パーツやミラー等の小物込みで1本分タップリと吹いています。今後一週間ほどドライブースで乾燥させてから研ぎ出し作業に入ります。

| | コメント (2)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »