« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

アウディR10(3)・今日のお買い物(6/28)

 相変わらずボディの擦り合わせに終始し、製作は進んでいません。このキット、思った以上に強敵です。
R0015481 R0015487 R0015475

 フロント周りがひと段落したので続いてリアカウルに取り掛かっていますが、デザインナイフと#400のペーパーで荒削りしてなんとか画像の状態です。センターモノコック部分の合いもご覧の通りで、こちらも難儀しそうですorz

 今週のお買い物は模型関連がタミヤの新型Zとコトブキヤのシャッフル!FD、ヲタ関連がコミック各種です。
R0015492 R0015496 R0015489

| | コメント (2)

アウディR10(2)

 今週は(も?)本業の方で土日出勤となった事や、パーツの擦り合わせやヒケ処理など地味な作業に追われていて、製作記と呼べるほどの進捗がありませんorz
R0015448 R0015443 R0015454 R0015470

 ボディばかりでは面白くないので、エンジンもぼちぼち弄りはじめました。ところが実車写真はコモンレールなど各種配管がこれでもか!というくらい詰まっていて、どこから手を付けようか途方に暮れています。なので、気分転換にちょっと浮気したりしています。

 今週のお買い物は模型・ヲタ関連共に無し。代わりに、近所の「萌えるお惣菜屋」を紹介します。
R0015456 R0015458 R0015467

セルコ夢惣菜 http://hwsa6.gyao.ne.jp/yumesouzai/menu07.htm

 自宅から車で10分くらいのところにあるのですが、自分の行動圏の逆側だったので全くのノーマークでした。時間帯が悪かったか「夢ちゃんのミニ弁当」は品切れでしたが、「夢ドーナツ」を買ってきました(写真取り忘れた…orz)。そして、、特筆すべきは、公式HPにキャラ紹介があることです。
http://hwsa6.gyao.ne.jp/yumesouzai/menu07.htm
「アニメ不毛の地」である静岡にあって「遂に始まったな」(←何がだw)って感じです。もちろん、味のほうもgoodです。あ、店員さんはオバちゃんではなく、キュートな元気っ娘でしたよw

| | コメント (2)

今日のお買い物(6/14)

 今週は本業多忙のため作業が捗らず、R10製作記はお休みします。先週はキットボックスで、いくさんとの製作工程の相違について熱く討論した事とかネタはあるんですけど、またいずれご紹介します。そんな中でも買うものはきっちり買うのがヲタのたしなみ?ライトノベルと久々の萌え擬人化本、電波ソングCDです。また、おまけでショップオリジナルのエコバックをいただきました。
R0015433

 電撃文庫今月の新刊より、「アクセル・ワールド」と「ロウきゅーぶ」の第2巻。2月のお買い物日記で紹介した新人作家による続編です。アクセルワールドは攻殻機動隊の電脳が一般化したような世界で、イジメられっ子中学生がバーチャルゲーム内で美少女生徒会長の先輩を助ける、という中二病バリバリwな話です。て書くと「何だかなぁ」な感じですが、ゲームの世界観や隠された謎、幼馴染との三角関係など設定や話のテンポが良く、お勧めの一冊です。
ロウきゅーぶは、部長が起こした「ロリコン事件」によって1年間の休部となってしまったバスケ部新入部員の主人公が、教師をしている従姉妹に頼まれて小学生の女子バスケ部のコーチをする話。こっちも「何だかなぁ」ですけど、彼女たちのバスケと友情に対する真摯な気持ちや、試合戦略などのスポコン分もあって意外とハマってしまいました。ちなみにタイトルは「ロリ(で)休部」と「篭球部(バスケの和訳)」のダブルミーングになっています。

 「現代萌衛星図鑑」はつい先日ミッションを終了した月周回衛星「かぐや」をはじめとする日本の打ち上げた人工衛星たちの本です。正直この手の擬人化本は食傷気味だったのですが、さすがは「もえたん」を世に送り出した三才ブックス。単なる萌え本にあらず、わかりやすい解説と衛星を熟知した絵師のイラストで初心者にもわかり易い内容でした。また、裏方で働く技術者の努力や彼女たちの短い一生を終える姿は涙無しでは語れません。久々に面白い一冊でした。

| | コメント (3)

アウディR10(1)・今日のお買い物(6/7)

 6月に入った事ですし、ぼちぼち新作に取り掛かります。ネタは前回エントリの第一候補に挙げたレベルのアウディR10。とりあえず資料とにらめっこしながらスジ彫りを深くしたり、どこをいじろうか考え中です。
R0015361 R0015374

 また、買いまくったディテールアップパーツの使用箇所を検討しています。これが各メーカーの個性が出ていて結構面白いので、ここでレビューを兼ねて紹介したいと思います。
 ますは日本を代表するレジンキット・パーツメーカー、スタジオ27から。
R0015385 R0015390

 ディフューザーのスプリッター、リアウイング翼端板とステー、ラジエーターのメッシュ、一体式のシートベルトに各所のパーツといったオーソドックスな構成です。
 次はルマンのお膝元フランスからDEXTERMODEL。
R0015382 R0015379 R0015383 R0015384

 スタジオ27と比べると、ボディサイドのスリットが追加されています。このスリット、一枚ずつ貼り付ける構成になっていて眺める分には楽しいですが、かなり難易度は高そうです。他にはフロントのバルクヘッドや折りたたんで重なりを再現するカウル固定金具などが使えそうです。シートベルトは一般的なタイプですが、バックル部分の組立用の治具がエッチングランナーの右上角に付いているのが面白いです。反対にラジエーターメッシュの粗さ、スプリッターとリアウイング翼端板とステーのパーツが省略されているのが個人的にマイナスポイントです。
 最後は新興ながらモデラーのツボを付くのが上手いメーカー、KA-MODELSです。
R0015392 R0015399 R0015410 R0015414

 エッチングは前2社の良いとこ取りに加え吸気系のレジンパーツ、組立式ブレーキディスク、チャンバーのメタルインレットにカットラインが印刷されたフェアリングの塩ビ板と、至せり尽くせりのデラックスキットです。横のスリットは一体式で組立は楽そうですが、フィンの数が一本多いのが本当に残念です(14本。実車とDEXTERは13本)。まあ、そこまで追求する人はまずいないだろうし、私の製作する仕様はフィンでなくメッシュなので、枠しか使わないんですがw
 以前に少し触れましたけど、私はKA-MODELのある国に対し良い印象は持っていません。しかしアカデミーと違い、正攻法で良い製品をリリースしているこのメーカーだけは応援しています。最近は新製品のリリースが無く気掛かりですが、国家的な危機でもどうにか頑張って欲しいものです。

 最後に今日のお買い物。模型関係はトランスキットがひとつ、ヲタ関係でCDが3タイトルです。
R0015354 R0015423

 まずは水樹奈々のニューアルバム。ローソン店頭でポスターが貼られていたので、見覚えのある方もいるかと思います。作詞家逮捕の関係でリリースが延期されていましたが、先週無事に発売されました。店頭でライブDVD付きの限定版と迷った挙句、通常版を選択。レジのお姉さんにも「こちら通常版ですがよろしいですか(はあと)」と念を押されましたがwなんとか我慢することができました。
 他はトランスCDの新作が2枚。いつもの最新アニメでなく、PCゲーム版の第2弾と劇場アニメ版となっています。
 模型関連は、スタジオ27のポルシェ956トランスキット。展示小物に使用したレーシングオンの先月号を読んでいたら急に作りたくなり購入。このカラーリングは好きなので、個人的にイエガーマイスター祭りでもやろうかな。

| | コメント (2)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »