« 第48回静岡ホビーショー(1) | トップページ | 次回ネタ・今日のお買い物(5/31) »

第48回静岡ホビーショー(2)

 更新が遅れて申し訳ありません。先週はホビーショー疲れと、本業が後回しにしていた仕事を片付けたりして多忙だった事もあり、一度しか更新が出来ませんでした。昨日も模型クラブの定例ミーティングでしたが、体調不良でパスしてしまいました。
 と、言い訳はこれ位にしてw前回の続きです。まずはClubVermint所属、宿六模型のいくさんから。今年は1/6のカタナを目玉に、素晴しい完成度のカーモデルが並びました。
R0015134 R0015130 R0015128

 カタナはビッグスケールならではのディティールに加え、レジン製のマフラーがバッチリ決まっています。細部の仕上げも手抜かり無く、注目を集めていました。また、MA誌作例のGT-Rや、昨年のホビーフォーラム出展作品も展示されておりました(搬送中に私の不注意でアンテナを折ってしまい、すみませんでした)。
 続いて作品の傾向が似ているせいか、いつもご近所のモデルワークスさん。今年も通路の向かい側で、この一角だけ異様な熱気?を帯びていましたw
R0014929 R0014930

 今年は「らき☆すた」と「マクロス」、ロッシのラリーカー(写真撮り忘れたorz)が「これでもか!」と並び壮観でした。1/1というか本物のパインケーキ(マクロスFで幼少時代のランカが心を開くきっかけになった重要なアイテム)とかネタ物も抜かりなく、楽しませてもらいました。
 後は…会場内で気になった作品をご紹介。
R0014949 R0015103 R0015003

 今回初参加の「ろうがんず」。俳優の石坂浩二さんやテレビ朝日の松井康真アナが発起人に名を連ねる「老眼」でも模型をさくっと作って楽しもう、という趣旨のサークルです。石坂さんの作品も展示されていましたが、細部まで徹底的にこだわった作品が並ぶ合同展にあって、(決して手抜きではなく)こうした肩の力を抜いた作品はどこかリラックスした気持ちにさせてくれます。といっても横には松井アナが製作したフルスクラッチ万景峰号(番組の北朝鮮特集で実際に使用されました)とか、凄腕作品も展示されていましたがw
 そしてエースコンバットに登場するアイマス痛戦闘機群。モデグラの痛ミーティングに掲載された作品です。どれも素晴しい完成度で注目を集めていました。また、以前紹介したタミヤモデラーズコンテストのアイマスGT-Rもこの方の作品だそうで、土曜日にお忙しいなか色々お話を伺いましたがデカール貼りのちょっとしたテクなど、大変勉強になりました。また、日曜日に「デカール職人」の異名を持つ水谷電気さんと一緒に見に行ったら、(作者様はご不在でした)、細かい技法について一発で見抜かれており、匠の世界を垣間見た気がしました。

 水谷電気さんの受け売りですが、自作デカールは模型技術にとってのブレイクスルーであり今後の技術の進歩やテクニックの情報公開でさらなる向上が見込まれること、痛モデルはこれまでの製作技術でなく作者の思い入れが作品の評価基準になること、それが「自分が作りたいから作る」という模型趣味の原点に立ち返ったことが(単なるブームでなく)展示作品の増加につながったこと。長く引用させていただきましたが正しくその通りだと思います。
 私も「痛車に興味があるがカーモデルは製作したことがないので教えて欲しい」と質問された方が多かったですし、世間の景気以上に停滞している模型業界の新たな突破口になるかもしれません。「萌え」ブームの仇花と見る向きも多いですけど、これを機にプラモを手にした人たちが少しでもその楽しさを知ってもらえたら、と感じ得ずにいられません。

 ちょっと硬い話になってしまいましたw 最後に戴きものをご紹介。模型電動士さんから新潟のご当地キャラメルと、水谷電気さんから面白いアイテムを戴きました。
R0015162 R0015178 R0015186 R0015185

 笹だんご風味キャラメル。以前北海道土産に買ったジンギスカンキャラメルの悪夢がちらりと脳裏を掠めましたがw、餡子味をベースにほのかに笹の香りがしてとても美味しかったです。
 謎のアイスピック状工具は、塗装面に付着した埃を先端の小さな棘でクルクルと巻き取って除去し、塗膜の傷を最小限にするものです。元々工業製品の塗装工程で使用されているもので、個人で購入すると単価が上がってしまう為みんなに広めて共同購入しよう、ということでサンプルを戴きました。ボディ色が白などでは、クリアー塗装時に埃が付着すると目立ってしまいガッカリしてしまいますが、これを使えば、リカバリーが簡単に出来そうです。次回製作時にテストしてみようと思います。興味がある方はひとまず私宛にご連絡ください。

 例年以上に大盛況だったホビーショー、あっという間の2日間でした。会場で声を掛けてくださった皆様、ありがとうございました。そして精魂込めた作品を持ち込んだモデラーの皆様、今年もたくさんの作品に刺激を受けてモチベーションも上がりました。本当にお疲れさまでした。今の心境は出来ることをやりきって半ば放心状態ですので、来年に向けてはテーマの選考など、しばらく充電期間に充てたいと思います。製作再開は来月くらいですかね。

 

|

« 第48回静岡ホビーショー(1) | トップページ | 次回ネタ・今日のお買い物(5/31) »

コメント

ホビーショーレポートならびにご紹介有難う御座いました。

私はと言うと、脳内は完全に切り替わり、公約?通りフォーミュラの製作に入りました。

これから一年間、またまた御世話になりますが、宜しくおねがいします!


投稿: いく | 2009年5月25日 (月) 02時36分

mutti さん、こんにちは。
今年はmutti さんらしさ100%って感じでしたね。
キャラ物とカーモデルがバランスよく溶け合っていてホント見事な展示だと思いました。
10月が楽しみですネ。

投稿: おくい | 2009年5月25日 (月) 23時19分

>いくさん
こちらこそ毎度お世話になっております。また一年間よろしくお願いします。私は正月ボケ?の頭で、色々とネタを考え中です。JMCかアキバGPのどちらかになると思います。(あれ、WRCは・・・)
>おくいさん
ご覧戴きありがとうございます。会場ではあまりお話できなくて残念でしたが、次回を楽しみにしています。静岡の展示会についても、追って詳細をお知らせします。
話は変わりますが、物凄いダイエットですね。最初違う方?かと思うほどびっくりしました。

投稿: mutti | 2009年5月26日 (火) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第48回静岡ホビーショー(1) | トップページ | 次回ネタ・今日のお買い物(5/31) »