« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

マルティニエスコート(5)・最終回

 エスコート製作も大詰め、小物周りの取り付けです。
Sr0012556 Sr0012562 Sr0012559

 ボンネットピンと牽引フックは、モデラーズのエッチング(旧製品)を使用しました。フック横にある四角いカバーみたいなのは、0.2mmのプラ板を切り出して貼っています。インテークのメッシュはファインモールドのエッチングです。普段はこうした小パーツはGクリアーで固定していますが、今回は搬送時に取れない様に接着強度を考慮し、少量の瞬着で固定しています。
 リアのエンブレムはキットのデカールではなく、M&AミニチュアズR社製のエッチングを使用しています。ところがロゴ周囲の黒い縁取りが上手く処理できず、小汚くなってしまいました

 他には右ドアミラー跡のカバープレートやマフラーを取り付けて、ようやく完成となりました。
Sr0012591

 詳しくはマイフォトをご覧下さい。
さて今年のテーマもひと段落したところで、来月のタミヤフェアに向けて次回作に取り掛かろうと思います。お題は、少し前のお買い物日記で触れたフジミのR35 GT-Rです。
R0012636

 タミヤの作れよwとの声が聞こえてきそうですが、色々と思うところがありまして、そのあたりの経緯は次回更新時にお話しようと思います。

| | コメント (3)

第48回プララジショー

 昨日は模型仲間のO君と一緒に幕張メッセで開催されている全日本模型ホビーショーへ行ってきました。
R0012541

 目的はバンダイの会場限定商品の入手と、気になる新製品の発表があったので出来具合のチェックです。開場1時間前くらいに到着しましたが、普段行くWFの時ほど人がいなかったお陰で待ち時間がとても楽で、かつ開場してから直ぐに入ることができました。肝心の限定品もあっさりと入手できて、一安心というよりも何か拍子抜けといった感じでした。
 それではカーモデル限定ですが、各メーカーの気になる新製品を。まずはハセガワから。当日発表の1/20F1アイテムは、フェラーリ312T2でした!
R0012496_2 R0012507 R0012506   
R0012504 R0012505 R0012501
R0012500 R0012499 R0012498_2

 完成見本の横には未塗装組み立て品が置いてあり、自由に持って見る事が出来ましたが、フォルム・細部のディティールは申し分無く、カウルの合いもバッチリでした。また同時発売のエッチングパーツには金属網のエアファンネルが付属と至せり尽くせりで、発売が待ち遠しいです。

 続いてフジミブース。既に発表済のアイテム、フェラーリ641/2の完成見本が展示されていました。
R0012519 R0012522 R0012523

 こちらも素晴らしい完成度ですが、カムカバー形状(ティーポ037)からタミヤの1/12を参考にしたのかな?とか気になりました。
そして、同じ展示台の下にひっそりと置かれていたのがフェラーリ248F1!(参考出品)です。
R0012516 R0012517

 まだ光造型の段階なので出来に関しては何とも言えませんが、近年のF1アイテムは版権やタバコ問題で無理、というのが定説だっただけに是非とも製品化をお願いしたいです。
 私は基本的にF1模型はやらないのですが、この3アイテムはちょっと作ってみようかという気にさせてくれます。それにしてもハセガワ・フジミの積極的な展開を元祖タミヤはどう感じているのでしょうか・・・

 フジミの参考出品は他にもあり、1/12のR35GT-RとニューFIAT500、ランクル200が展示されていました。
R0012525 R0012526 R0012528

 他に気になったアイテムの紹介を。ハセガワから発売となる、メタルックに代わる新素材のメタル蒸着シートです。
R0012511 R0012512

 薄いフィルムに金属を蒸着させることで曲面にも馴染み易く、シワになったり亀裂が生じたりしにくいのが特徴です。細切りのサンプルを頂いたので試しにデジカメの角へ貼ってみましたが、いい感じでした。ただ説明員の方によれば、上からクリアーコートが出来ないとの事だったので、ボディカラー(最近流行の部分メッキやバイナルパターンとかの表現)に使うのは難しいかもしれません。結構いい値段しますが、それだけの価値はあると思います。

 他には塗料関連でクレオスのYMC原色と、タミヤの金属色缶スプレーです。
R0012513 R0012532
 缶スプレー派の私はタミヤの新色に期待していましたが、塗装見本よりも値段のほうがインパクト大でした(笑)

 最後に今日のお買い物を。会場限定のバンダイ1/72 VF25メサイアバルキリーと、秋葉原にて本を色々と購入してきました。
R0012546 R0012551 R0012489

 バルキリーはサービスで付属するランカのデカールが目的で、個数制限がなかった為2箱購入しました。ヘッドホン読本はレビューに関しては真面目なので、読み応えがあります。年賀状イラスト集は・・・まあ、ネタということでw

 話は変わってエスコートですが、ほぼ完成しており後は小物関連を残すのみです。次回更新時にはご紹介できると思います。
R0012482
 

| | コメント (0)

マルティニエスコート(4)・今日のお買い物(10/14)

 ボディがあらかた出来たので、シャーシの製作に取り掛かります。まずはシートベルトから。以前フェラーリF430製作の時にも触れましたが、シートベルトの組立はショルダー部分を分割し、かつバックルに通す際にはチラシの細切りを使うと作業の効率が上がります。あと両手にピンセットは必需品です。この方法ならば手先が不器用な私でも、それなりに組む事が出来ます。
R0012428 R0012437 R0012443

 先行して組んだ足回りに今回のポイントであるリア出しのエキパイを取り付けようとしたら・・・フィッティングがイマイチで左右に曲げているうちに、ホワイトメタルパーツがポッキリと折れてしまいましたorz
R0012434 R0012446

フロント側はアンダーガードで隠れるので良しとしますが、マフラー(タイコ)を固定できる方法がなく、考え中です。

 そんなこんなでテンションダウンしたため、気分転換に買い物して来ました。キットボックスにてフジミのR35 GT-Rとフェラーリ126CKを純正エッチングと一緒に、またアオシマの痛車第4弾のリトバスRX-7を購入してきました。
R0012468 R0012472 R0012475

 今回の痛車の元ネタはkeyのPCゲームですが、プレイしていない(最近同タイトルの新作が出たけど買いそびれた)上にやる気あるの?と疑いたくなるようなデカールの図柄と相まって、今回は積み決定です。

 ヲタ方面は今月の電撃文庫が一冊とCDのみです。TVアニメが始まったものの、原作ファンとしてはいろんな意味でやきもきしながら観ている「とらドラ!」の最新刊と、「マクロスF」のサントラ第2弾「娘トラ。」です。
R0012465

 「娘トラ。」は発売日の翌日に購入したのですが、今回は一次出荷が多かったようで余裕で買えました。今週のオリコンチャートでは竹内まりやのベスト盤に次ぐ2位となり、かなり売れているようです。肝心の内容も菅野ようこワールド全開、ヒロイン2人の熱唱も素晴らしくお勧めの一枚です。
 久しぶりに街へ出たら物欲がふつふつと沸いてきました。そうなると以前スルーしたアレやコレやが欲しくなってきたものの、地元では売っていないので来週はちょっと遠征する予定です。エスコートは・・・来週末には完成させる予定です。

| | コメント (0)

マルティニエスコート(3)

 前回のエントリでの決意はどこへやら、大分更新が空いてしまい申し訳ありません。エスコートの製作は足回りや内装の基本塗装と、シャーシのシート部分に固定用ナットを仕込みました。
Sr0012413 Sr0012412 Sr0012409

 ナットは瞬着で仮止め後に、プラリペアで周囲をガッチリと固定します。余談となりますが、土台側のボルトはダブルナットを噛ましてネジロック等で固定し「つまみ状」にしてやると、手で廻す事が可能になり現地での着脱が大変楽になります。
 ホイールは結局資料が見つからず、モデラーズのタイプTホイールを使用してスピードラインの5本スポーク風にしました。実際はスタッドボルトの数が違う(4本が正解)のですが、アルミ削り出しのため加工が難しそうだったので、華麗にスルーする事にしますw

 ボディはクリアー乾燥後に#1500のペーパーで研磨し、タミヤのコンパウンド(粗目)を掛けた状態です。引き続いて細目→仕上目→ハセのセラミックコンパウンドの順で磨く予定です。
Sr0012425

 今回はクリアーコートの細かいトラブルが多く、入隅部分などに気泡が出てしまいました。特にルーフのマルティニロゴは、金色の縁のところに無数の気泡が出ています。一応クリアー塗膜に埋まっていていて表面は滑らかなので、これで良しとします。
 そんなこんなで下がっているモチベーションを上げるため、ボディを仮にはめてみました。
Sr0012419 Sr0012422

 ん~、なかなか良いんじゃないの?やっぱりマルティニカラーはカッコイイ!
 

 

| | コメント (2)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »