« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

今日のお買い物(4/28)

 今週も製作記はお休みです。
注)申し訳ない気持ちを文字の大きさで表現してみました

 イタ車2台はボディの研ぎ出しの途中、作例依頼の方はデカール貼りまでと、ほとんど進展がありません。マジでヤバイです。そんな中、キットボックスよりToHeart2トレノが入荷したと連絡があり、とりあえず購入してきました。
Simg_7534 Simg_7537

 今回からシュリンクパックとなり、またデカールの部品請求が出来なくなりました。それだけハルヒFDの時にトラブルが出たという事でしょうか。またデカールのグラフィックもリトラクタブルライトやホイールアーチの開口に沿って切り欠きがあり、初心者向けの内容となっています。普段デカール貼りに慣れている自分でもかなり苦戦したので、こちらも上手く貼れないという声が多く寄せられたから・・・ではないかと思います。

 またお気に入りの小説が発売されたので、FGしてきました。「”文学少女”と神に挑む作家(上)」(作:野村 美月)と「よくわかる現代魔法 new edition」(作:桜坂 洋)の2冊です。
Simg_7540 Simg_7546

 ”文学少女”のお題はジッドの「狭き門」。帯にあるように、今回はヒロインである遠子の話なんですが、明らかになった遠子の余りに複雑な家庭環境や、主人公のヘタレっぷりに読後はとても気分が重かったです。次巻でついに完結なのですが、遠子はどうなってしまうのか?前巻のエピローグで少しだけ語られた「今」にどう結びつくのか?早くも待ち遠しい反面、読んだら終わってしまうという寂しさもあり、複雑な心境です。

 もう一冊の方は、私のお勧めライトノベルの新装版です。差し障り無い程度に内容がカットされているのと、イラストが書き下ろしとなっています。元々表紙(絵師)買いした作品だったのですが、設定の面白さとたたみ込むような展開がツボにはまりました。しばらく新刊が出ていないので、これで完結か・・・とも思っていたのですが、あとがきによれば今夏に続巻を出すそうなので、期待大です。っていうか、模型店行ったり本を読んでる時間があるなら、さっさと作れよ!ですよね・・・

| | コメント (0)

今日のお買い物(4/21)

 今週はとうとう製作記なしですorz
一応製作はしているのですが作例依頼の方を主に進めたのと、フェラーリ(イタ車)2台は見た目ほとんど進展なく(ボディはクリアーの乾燥待ちで、シャーシと内装に黒を吹いたくらい)、お休みします。

 相変わらずの本業多忙ですが先週土曜日はお休みを頂いて、久し振りに東京へ買出しに行ってきました。実は本日(4/21)は私の誕生日でして、バースデー休暇を取っちゃいました。え?何歳かですか?今年で・・・

Simg_7435
はちゅねミク「♪みっくみっくにしてやんよ~♪」

になりました(意味不明)。来年で不惑(@孔子)だというのに、こんなんでいいのか?と疑問を持つことも(極くたまに)ありますけど、ここまできたら行くとこまで行くしかないですね。とか書くとT氏さん(の奥さん)にコメ欄でまた突っ込まれそうですが・・・

 で、買い物ですが模型関連は地元で売っていないサプライ用品と合同展の展示用小物、製作の資料本とお気に入りコミックの新刊といったところです。

Simg_7412

| | コメント (0)

エンツォ・フェラーリ(3)

 今週も・・・っていい加減しつこいですね。でもやっぱり短縮版ですw

 エンツォはクリアー本吹きまで完了し、現在ドライブースにて乾燥中です。
Img_7373 Img_7376

 クリアーコートは大したトラブルもなく・・・と思いきや、ノーズ部分の表面に少しずつクラックが発生し、現在も拡大中です。恐らくクリアーの乾燥収縮にデカールが負けているからだと思うので、乾燥後に瞬着で隙間を埋めてから研ぎ出しする事にします。そして非常に厄介な事に、インクが滲んでグラフィックがボケはじめています。今の所は許容範囲ギリギリな感じですが、これ以上広がらないことを祈るばかりです。
Img_7379

 また、同時進行のフェイト号もクリアーコートまで完了です。
Img_7384

| | コメント (0)

エンツォ・フェラーリ(2)

 今週も引き続き短(ry
ハルヒFDですが、沼津市のキットボックスで展示してもらってます。エンツォの方はボディに貼るデカールを製作しました。
Simg_7288 Simg_7291

 版下は画像掲示板で拾った壁紙を加工して作成しました。デカールはインクジェット用(スーパーカル)を使用しています。自作デカールとして一般的なMDプリンタと比べて細かいグラデーションの再現には有利ですが、インクジェット専用とはいえ何枚かはインクを弾いて滲みが発生してしまい、使い物になるのは1/3位です。もちろんそのままではインクが水に溶けてしまうので、専用トップコート剤を塗布して定着させます。

 デカールの質は少し厚めですがそれほど硬くなく、以前にルネサンスのデカールを貼った時の感触に似ている気がしました。また印刷が完全に定着しておらず、綿棒等で強く擦ると表層がベロッと剥がれてしまうので、慎重に作業を進めます。それでも何箇所か失敗してしまい、タッチアップで誤魔化しました。
Simg_7300

 とりあえず貼り終わりました。一晩ドライブースで乾燥させてから、クリアー掛けに入ります。

 そういえば、まだ元ネタを説明していませんでした。「ARIA」(天野こずえ原作)に登場するウンディーネ(水先案内人)、晃・E・フェラーリです。キャラの名前と車を合わせてみました。実はこの名前、個人的にでっかい突っ込み処があるのですが、まあいいや。

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »