« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

涼宮ハルヒのFD(4)

 今週発売の週刊プレイボーイに、ハルヒFDバカ売れの記事が出ていました。その中でアオシマ担当者とのインタビューがあり、第2弾は恋愛系AVGだそうです。ヲタに人気があり、イタ車も多く見かけるようなタイトルといえば、かなり限られてきます。予想としては、
本命:CLANNAD 対抗:Fate/stay night 大穴:ToHeart 2
といった所でしょうか?私個人としては、昨年色々な意味で話題作となった「School Days」を推しておきます。「Nice Boat」なビートとか、見てみたい気がしますw

 デカールまで完了した私のハルヒFDですが、前回の更新後に軽く1回目、続いて水曜日に2回目のクリアーを吹きました。
Img_6895 Img_6898

 クリアーはいつもの通り、クレオスのスーパークリアー缶スプレーを半分ほど吹きました。研ぎ出しの事を考えると1本全て使い切った方が無難ですが、デカールが侵されるリスクを考慮し、今までの経験から研ぎ出し可能な最低限の量としました。
 しばらく自然乾燥させて様子を見ましたが、心配されたシワや気泡などは発生せず、一安心です。
Img_6899 Img_6906

 この後ドライブースで1週間乾燥させるので、その間ボディの作業はおあずけです。
 次にドア開閉のため分割したウインドウパーツへデカールを貼ります。フロントには、元キットのデカールからRE雨宮のロゴを移植します。その際に、余ったロゴを切り貼りして「雨宮」を「涼宮」にしてみました。
Img_6715 Img_6887

 とりあえず今週はここまで。次回は内装の予定です。

| | コメント (3)

涼宮ハルヒのFD(3)・静岡おでんフェスタ

 随分更新の間隔が空いてしまい申し訳ありません。ハルヒFDの製作、毎日少しずつコツコツと進めていまして、更新できるくらいにまとまりました。まずはボディの塗装からです。
 ボディカラーは結構悩みました。箱絵のブルーメタは、濃すぎてデカールの透けが心配なので却下。しかし他の色はどうかというと、赤、黄色、白、水色はデカールと色が被るので使えません。実物の痛車は白や銀など、あまり主張しないボディ色が多いので今回はシルバー(FDの最終生産車スピリットR専用色であるチタングレーマイカ)で行くことにします。

Img_6739
 少し暗めのシルバー、という事でタミヤTS-42ライトガンメタルを使用しました。乾燥後、ボンネットにスタジオ27のカーボンデカールを貼り、ついにハルヒデカールの作業開始です。まずはボンネットにHロゴを貼ります。

Img_6748 Img_6754
 普段慣れているカルトグラフのデカールに対して、アオシマのデカールはかなりクセがあります。糊が弱い、ソフターに溶ける、透け易い、ときているので非常に作業し辛いです。以前、D1GPのスカイラインやシルビアの時に痛い思いをしているので、慎重に作業します。
 糊の弱さはプロホビーのスライドマークセメントで補強し、曲面は蒸しタオルや綿棒、湿らせた親指を駆使して少しずつ馴染ませます。とりあえず1枚貼ってみたら透けがひどいので、もう1枚上貼りします。画像は2枚目を貼って各所白でタッチアップした状態です。よく見るとシワが結構残っていますが、この程度ならクリアー研ぎ出しで消える範囲なので、このまま進めます。

 引き続きソフター類をできるだけ使わないで(今回はモールド部分のみマークセッター使用)、残りのデカールを貼っていきます。配置はボンネットのアウトレットの関係で参考例と同じにはできず、それなりに考えながら決めました。心配していた透けの問題ですがシルバーに対してはそれほどひどくなく、微妙な線ですが二重貼りのリスクを考慮して今回は1枚で行くことにします。
Img_6757 Img_6763 Img_6769

 完了後ドライブースに入れて乾燥させている間に、街へ繰り出して来ました。ちょうど「静岡おでんフェスタ」が開催されており、お昼ご飯ついでに行ってきました。
Img_6778 Img_6791 Img_6781

 最近「静岡おでん」を全国に発信しようという取り組みが行われており、地元の有名店を中心に全国からおでん屋台が集結、食べ比べをすることができるイベントです。今回は静岡、焼津、姫路のお店をチョイスしてみました。
Img_6817 Img_6797 Img_6835

 画像左は静岡。いつも食べ慣れている、静岡のおでんです。中央の焼津は静岡と同じ出汁ですが、具にカツオのへそ(=心臓)が入っています。右は姫路。生姜醤油の出汁で、さっぱりした感じでした。最後にデザートのバナナ。当然?おでんです。
Img_6850 Img_6856 Img_6865

 TVチャンピオンで優勝しているのでご存知の方もいるかもしれませんが、焼き芋のような甘さとホクホクした食感で、結構美味しかったです。一人グルメレース?完食後、腹ごなしに自宅まで歩いて帰り、先程の続きに取り掛かります。
 フェラーリFXXの時と同じく、ボディ表面に付着した余分な糊や手の油を除去するために、お湯に漬けながら指の腹でこすり洗いします。
Img_6877

 デカールが剥がれるのでは?と心配されるかも知れませんが、これ位で剥がれるようではクリアー掛けに耐えられません。逆に密着していない部分の空気が膨張して膨れ上がり、トラブルの予防処置を採ることができます。今回も何箇所か補修を行い、再びドライブースで乾燥後にクリアー吹きに取り掛かります。

| | コメント (0)

涼宮ハルヒのFD(2)・今日のお買い物(2/2)

ハルヒFD、
                ∧∧
   ┃   ┏━┃     (,,゚∀゚)       ┃┃
 ━┏┛ ┏━┃ ━━/ つ━━┛ ┃┃
 ━┏┛ ┛  ┃   ~( ,ノつ      .┛┛
   ┛       ┛     (/          ┛┛
昨日キットボックスより入荷の電話があり、早速購入してきました。

Sr0011125 Sr0011128 Sr0011131
 パッケージはハルヒのイラストを前面に出した、プラモデルというよりキャラクターグッズになっています。そして側面には「痛車01」wの表記があり、シリーズ化する気満々です。
 肝心のデカールは台紙全体が艶消しとなっており、「ベタデカールか?」と思いましたが良く見るとニスの縁が微かにあり、一安心しました。しかしシルク印刷でないので、白がかなり透けそうです。模型誌の作例見本でもかなり透けていたので、二重貼りしようにもアフターの注文が困難と判断、後から追加注文して2箱購入しました(確認したら、説明書にはパーツ代\1800と記載されています)。
 実は事前に「追加分の入荷は保証できません」と聞かされていました。というのも小売店向けの注文締切がかなり早く、その後に評判となり注文が殺到したため、問屋筋から上記の通達が回ったようです。ネット上でも、予約数が生産数を上回ったのでかなりの数がショートするのでは?と囁かれていたのですが、無事入手する事ができました。店長さん、ありがとう!(涙)。ここだけの話、勤務先近くの模型店でも予約を入れてあったのですが、こちらは保存用となりそうです(ちなみに、まだ入荷の案内は来てません・・・)。

 デカールも手に入った事でモチベーションが上がっているにも関わらず、先週の土曜日は模型サークルの定例ミーティングの後、遅めの新年会で朝(4:30)までカラオケをやったせいでほとんど進んでいません。前回の検討事項であるドアの浮きですが、クラブ仲間からのアドバイスで磁石をサイドシルに埋め込みました。

Img_6502 Img_6507
 磁石は㈱二六製作所さんの製品をネット通販で購入しました。
http://www.26magnet.co.jp/index.html
ここは様々な種類の磁石を一個から通販してもらえるので、お勧めです。今回はボディ側にネオジム磁石 4×4×2mm、ドア側にサマコバ磁石 3×2×0.7mmを使用しました。
 大きさは小ぶりですが磁力は必要十分で、ガッチリと固定できるようになりました。引き続きサイドシルの成型を終わらせ、早く塗装に進みたいです。

| | コメント (2)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »