« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

涼宮ハルヒのFD(1)・今日のお買い物(1/19)

 高校サッカー、残念ながら負けてしまいましたが良く頑張ってくれました。思いもよらぬ大差となってしまいましたが、この雪辱を来年は果たしてほしいものです。ともあれ、久しぶりにわくわくしたお正月を過ごす事ができました。

 今週は本業多忙のため、お買い物の紹介は本が2冊のみ。HJ別冊の「カーモデリングマニュアルVol.14」とコミック「朝霧の巫女」5巻(作:宇河 弘樹)です。
R0011066

 CMMは特集がフェラーリで、今年の所属模型サークルの合同展テーマと重なり「ネタが被ったらどうしよう?」と心配していたのですが、なんとか回避できました。もちろん各作例の出来には遠く及びませんが、とりあえず一安心です。

 「朝霧の巫女」は広島県三次市に伝わる伝記「稲生物怪録」を基にしたコミックです。以前はS君と2人で三次まで朝霧を見に行ったり(いわゆる聖地巡礼ですね)、劇中に登場するマツダロードスターをフィギュア付きで製作したりと、かなりハマッていました。
S_pb210007 (※粗い画像ですみません)

 単行本は昨年末に発売されたのですが出遅れてしまい、気付いた時にはどの書店も売切れでした。それが年が明けてから再入荷(重刷でなく初版)となり、やっと購入となりました。
 前巻の発売から3年近く経過しており、正直どんな話だったか忘れかけていたのですがw、読み進めていくうちにだんだんと思い出しました。既に連載は完結しており、作者のブログで全9巻と告知されているので、どんな結末を迎えるのか楽しみです(といっても、そのブログを見る限りではかなりのスローペースになりそうですが・・・)

 といった所でFD製作記です。前エントリの引き際でちょっとしたネタを検討中、と書きましたが今回はその続きを。「痛車」をさらに痛々しくするために、ドアをガルウイングに改造します。ヒンジの製作が鍵となりますが、開閉機構自体ほとんど工作の経験がないので、外観よりも確実な工法を取ることにします。使用するのはWAVEの「BジョイントBJ03」と、コトブキヤの「ABSユニット01(Tジョイント)」です。とりあえず、以前フェンダーの加工に失敗して放置してあったFDのボディを使って、ヒンジの検討を行います。
Img_6477 Img_6474 Img_6465

 スイング機構自体はBジョイントで支持し、ヒンジは後で微調整が出来るようにL型部分へTジョイントを仕込みます。この段階でキャラ物が得意な模型サークル仲間から意見を聞いたら悪くない感触だったので、この工法で進める事にします。
Img_6493 Img_6487 Img_6481

 どうでしょうか?ヒンジ自体はかなり大げさですが、なかなかいい感じだと思います。ただ次の問題点として、ポリの反力でドアが浮いてしまいきっちりと閉まりません。更なる一手を考案中です。
Img_6501

| | コメント (0)

フェラーリF430チャレンジ(5・最終回)・最近のお買い物(1/13)

 先週は国立競技場まで応援に行った甲斐がありました。わが母校、決勝進出です。残念ながら明日の試合は行けませんが、日本一まであとひとつ。ここ最近はサッカー王国らしかぬ成績が続いていたこともあり、ぜひ勝ってほしいです。

 応援ツアーは同級生のみんなと一緒、かつアニヲタであることを隠しているので(プラモ好きなのは昔からなので知っている)アキバへの寄り道はできませんでしたが、それでも最近は地元で手に入り易くなったので色々購入しています。
 まずはフィギュアから。以外かと思われるかも知れませんが、ヲタのくせにほとんどフィギュアは買いません(お気に入りキャラのSDがあれば購入する程度です)。それなのに予約してまで手に入れたのがこの2点、海洋堂(リボルテック)のダンボーとMAXファクトリーの逢坂大河です。

Img_6297 Img_6315 Img_6312
 ダンボーは元気ダダ漏れの子供「よつば」の日常を描いたコミック「よつばと!」に登場する小学生、風香とみうらが夏休みの自由課題で製作した段ボール製の着ぐるみです。ちゃんと中の人(みうら)も頭部差し替えで用意されています。リボルテックなのでフル可動、ガシガシ遊べます。
 逢坂大河は私のお気に入りライトノベル「とらドラ!」の、凶暴ながらドジっ娘のヒロインです。こちらは固定ポーズですが、小説第一巻の表紙を「手乗りタイガー」まで忠実に再現しています。全く同じポーズのスケール違いがWAVEからも発売されていますが、こちらのほうが自分のイメージに近いというか、よく雰囲気を掴んでいると思います。

 次はCDなど。「らき☆すたRi-Mix002」と「ツンデレカルタ」、同人誌「電車でD」の最新刊です。
Img_6388 Img_6393

 柊姉妹が住んでいるとされる、モデルとなった鷲宮神社へ初詣客が前年を17万人上回る30万人訪れたりと、もはや社会現象と言っても差し支えない「らき☆すた」ですが、今回もこのCDが今週のオリコン週間チャート第5位を記録、勢いが留まる事を知りません。肝心の内容もJAM Projectがカバーしていたり、ニコニコ動画風の組曲があったりと盛り沢山です。
 ツンデレカルタは、以前紹介したツンデレTVで声を担当している釘宮理恵さんがカルタを読み上げるCDです。あまりの馬鹿馬鹿しい内容に思わず購入してしまいました。年末の年越し飲み会に持っていったときに、友人から「釘宮病に冒されているね~」と言われましたが、自身ではまったく自覚がありません。もっと凄い(ひどい?)人はたくさんいますよ。いや、まじで。
 「電車でD」はプロジェクトD編の続き。名鉄特急セントレアとのバトルです。

 さて、ようやくF430製作記ですw 小物をちまちまと仕上げます。まずはテールランプの塗装。パーツ形状を考慮して表から塗ることにします。合同展などで「表裏どちらを塗る?」とよく聞かれますが、わたしの場合は「臨機応変、形状による」です。今回のように立体的に出ている場合は、表から塗ってパーツの厚み(小口)を目立たなくします。逆にスカイラインGT-Rのようなボディと面一に埋め込まれているような場合は、裏側から塗って塗料の厚みでパーツが嵌らない、なんてことが無いようにします。
Img_6354

 レンズの中央はウインカーとバックランプが組み込まれているので、マスキングテープをポンチで切り出してマスキングします。
 次はボンピンです。KA-MODELSのエッチングパーツを組み立てたものの寝ぼけ眼で作業したせいか、作業中に2個も飛ばして行方不明になってしまい、元キットのパーツを使うことにしました。とはいえプラパーツながらディティールも十分で、かなりイイ線行っていると思います。
Img_6355
 またゲート部分がアンダーゲートになっており、メッキ面のゲート処理が考慮されている事に感心しました。
 そして、ようやく完成です。実はここで書けないような恥ずかしい凡ミスをやらかしたのですが、まあいいや。画像はマイフォトをご覧ください。

 次のお題はこちら。「涼宮ハルヒ」の「雨宮FD」です。
Img_6361 Img_6383

 キットがオマケのデカール(ヲイ)は今月末発売ですが、先にボディ関係を進めます。ノーマルのままでは面白くないので、D1GPの雨宮仕様を使用して「涼宮」と「雨宮」を掛けてみました。正月実家に帰省したとき他にやることがないのでいじってみましたが、ちょっとしたネタを検討中です。
 このハルヒFD、ネットの世界でも大人気で、製作すると言っている方を結構見かけます。根っからのヲタとして、負けないようにがんばります。

| | コメント (0)

フェラーリF430チャレンジ(4)

 皆さんのお正月は如何でしたか?私は毎年恒例、大学時代の友人S君邸にてT君、DEL坊さんと一緒に年越し飲み会&豊川稲荷へ初詣に行って来ました。続いて翌々日にはこちらも恒例、高校時代の部活動同期の新年会に参加し、旧交を温めてきました。他には・・・親戚への挨拶回りと模型弄っただけで、ほとんど寝正月でした。
 それではF430の製作が捗ったかというと・・・すみません、あと一歩の状態です。今回は小物関係の更新で、完成は次回更新に持ち越しです。まずは窓パーツ。内側の縁を黒く塗装します。最近のキットは、専用のマスキングシート付属が当たり前になっていますが、このキットには何故かなく、以前購入してあったKA-MODELSのマスキングシートを使用しました。
Img_6201 Img_6210

 それなりの値段がしますが、現物合わせで綺麗にカットしたりする手間を考えれば、私は妥当だと思います。高いと思えば買わなければ良いだけの話ですし。貼り終わったらセミグロスの黒を吹きつけ、乾燥後マスキングを剥がしてからフロント部のハチマキやサイドのドライバーネームのデカールを貼ります。続いてクレオスのスーパークリアーにてコートし、乾燥後に研ぎ出ししてデカールの段差を消します。
Img_6340 Img_6347

 画像は左が#1500のペーパーで磨いた後。右がタミヤのコンパウンド3種を掛けてからハセガワのセラミックコンパウンドで仕上げた状態です。
 クリアーパーツの研ぎ出しは高度なテクニックと敬遠する人が多いようですが、全然そんな事はありません。逆にモールドや段差が無いのでエッジなど角出しの心配がなく、力を入れすぎなければ割れる事もないので研ぎ出し初心者の方にこそお薦めしたいです。また、クリアーコートでデカールの保護になる事や、ニス部が埋め込まれて消えて見える事(私が研ぎ出しする最大の理由です)など、メリットも多いです。埃等も、少しくらいなら磨くと消えるのでそんなに神経質になる必要もありません。

 続いて内外装関係ですが、各所にエッチングパーツを使用します。メーカーはまたもやKA-MODELSです。
Img_6224 Img_6212 Img_6221

 内容はエッチング3枚にブレーキキャリパー・アップライトのレジンパーツ、メタルインレットです。ブレーキローターはアクステオンのエッチングなどが出回っていますが「こんなの組んでも完成後はほとんど見えないし、表面だけでいいじゃん」と常日頃思っていました。今回試しに挑戦してみましたが、組み方を変えてみたり仮組みを何回やっても正確なセンターやアライメントを出す事が出来ず、断念しました。自分の技量では「使う事だけが目的の、自己満足のためのパーツ」です。実際、組める人っているのでしょうか?
 とはいえメタルインレットはフジミのキットに付属していないので有難いですし、他は結構使えるパーツセットだと思います。
Img_6319 Img_6325

 とりあえず今回はここまで。正月休み中で完成の予定でしたが、明日は私の母校の応援に国立競技場まで行ってきますので、続きは来週です。東高、ガンバレ~!

| | コメント (0)

謹賀新年

R0011011  

あけましておめでとうございます。

 昨年はたくさんの楽しい事、辛い事がありました。今年も激動の年となりそうですが、最後は笑って年越しできるようにしたいです。
 上の画像は現在の勤務先の近くで撮影しました。富士山を間近に望む、最高のロケーションで仕事しています。
 本業多忙のため更新ペースは週一程度になりそうですが、引き続き模型・ヲタネタを中心にこのブログを進めていきます。今年最初の更新は1月5日の予定です。
 それでは、本年もよろしくお願い致します。

S11966151401643140

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »