« フェラーリF430チャレンジ(1) | トップページ | 今日のお買い物(12/23) »

フェラーリF430チャレンジ(2)・3月改正速報

←以前予告しました新ブログパーツ「ブログ妖精ココロ」を早速設置しました。クリックしてやると色々反応するみたいなので、遊んでやってください。また更新の度合いによって変化するようなので、まめに更新したいと思います。

 また来年3月に行なわれるダイヤ改正について、JR各社のプレスリリースが昨日発表されました。「銀河」「なは/あかつき」の廃止など夜行寝台列車(ブルトレ)の縮小が更に進み、風前の灯火を通り越して死亡宣告を待つだけ、の感があります。もっとも30年以上も前から遮る物がカーテンだけの開放寝台を使い続け、新幹線や航空機の台頭で有効時間の優位性も薄れた現在の状況では利用客のニーズに合致しているとは言い難く、今まで良く生き長らえたと思います。
 廃止の理由の1つである新幹線ですが、今回の東海道・山陽新幹線はかなり思い切ったダイヤ改正となりました。詳しくはこちら↓から
http://jr-central.co.jp/news.nsf/news/20071220-111633/$FILE/diagram.pdf

 早朝に山陽区間各駅を出発する「のぞみ」新設もさることながら、今回は新横浜始発(!)で静岡に停車し新大阪に8時過ぎに着く「ひかり」が設定されました。しかも当分は「のぞみ」専用とされていたN700系使用です。他にも夜間の増発や浜松の「ひかり」停車本数増加などが行なわれ、今まで東京-名古屋-大阪の速達輸送の影で冷遇されていた静岡ユーザーの利便性が大幅に向上しました。技術的な理由としてはN700系とデジタルATCの本格導入によるダイヤ自由度の向上、戦略的理由として羽田空港の新滑走路完成に伴う発着枠増加と静岡空港開業に対して先手を打った、という事でしょうか?個人的には品川新駅以来久しぶりの、わくわくする期待大な改正です。

 前置きが長くなりました、F430製作記です。まずは前回の続きから。KA MODELSのデカールですが、本当にカルトグラフ製?と疑った理由は
Img_6217
1.フィルムが薄く、そしてよく伸びる=デカール軟化材の多用厳禁。
2.白が透ける。
3.糊が弱く、シルバリングを起こし易い
といったカルトらしからぬ点からです。「彼の国」の製品であるので偽物かも?とちょっと思いましたが、さすがにそれはないでしょう。というか
3 素子「私はあいつを知っているぞ!」
的な引っかかりがあったのですが、ハセガワのインプWRCのデカール(これもカルトグラフ)を貼った時も同じような印象だったのを思い出しました。

 いつもの通り一晩乾燥後にお湯で不要な糊を洗い流し、再び乾燥後にクリアーを吹きます。
Img_6181_2
Img_6202   
 ドライブースで5日間ほど乾燥後に#1500のペーパーでデカールの段差を消し、普段ならコンパウンド掛けとなりますが、今回は軽くクリアーを吹いて傷を消し、ユズ肌をコンパウンドで消し取る方法を試してみます。

|

« フェラーリF430チャレンジ(1) | トップページ | 今日のお買い物(12/23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フェラーリF430チャレンジ(1) | トップページ | 今日のお買い物(12/23) »