« WFに行ってきました | トップページ | フェラーリ348ts(3) »

フェラーリ348ts(2)

 前回の続きで、ボディ製作を先行します。クレオスの缶スプレー#2ブラックを、塗り残しが無い様まんべんなく吹き付けます。

Img_4798 Img_4799
 サフ直吹きの時よりは良好ですが、高温多湿なこの時期はどうしても表面が荒れてしまいます。でもこの程度なら十分許容範囲内、一晩自然乾燥後に同じくクレオスのスーパークリアーを缶半分くらい、4回に分けて吹き付けます。

Img_4792
 画像はクリアー吹き完了後の翌日、自然乾燥中の現況です。この後ドライブースで5日間連続乾燥させてから、研ぎ出しに掛かります。乾燥中の間、シャーシー・内装を進めていこうと思います。

|

« WFに行ってきました | トップページ | フェラーリ348ts(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WFに行ってきました | トップページ | フェラーリ348ts(3) »