« 今日のお買い物(12/3) | トップページ | 今日のお買い物(12/16) »

耐震実験

 一週間振りの更新です。ホビーフォーラムと2MCで燃え尽きてしまって模型をいじる気力が全くなく、加えて本業も忙しくてあっという間に週末となってしまいました。なので今回は模型ネタではありませんが、ちょっと面白い物を見てきたので報告します。

Rimg0043
 土曜日に仕事の関係で、木造住宅の耐震実験を見学してきました。使われなくなった築40年ほどの市営住宅2棟を片方はそのまま(補強なし)、もう片方は現在の基準法に準拠した補強を行い、実際に引き倒して強度を比較してみようというものです。

Rimg0017 Rimg0022 Rimg0028
 まずは補強なしから。ユンボのアームをアンカーにして、レバーブロックで少しずつ引っ張ります。加重4tほどで大きく変形し、そこから崩壊まであっという間でした。詳しい計算方法は判りませんが、この建物の総合評点は0.7で、倒壊の可能性ありの評価となりました。

Rimg0029 Rimg0040 Rimg0087
 続いて補強したもの。ホールダウン金物(基礎と柱を直接緊結する金物)や柱接合金物の追加、筋交と耐震壁(構造用合板の貼り付け)の増設がされており、昭和56年以降の基準に合致した内容となっています。実際に引っ張ってみると、約10tの加重で降伏点となり、以後大きく変形しながらもなんとか持ちこたえました。最終的には倒壊しましたが、総合評点は1.76となり、地震での倒壊なしの評価となりました。

 実際に倒壊の様子を見学してみて、変形してゆく過程の違いなどが直接比較できて、良い勉強になりました。当ブログの趣向とは全く異なる話でスミマセン。
 模型の方は・・・年内の製作記はちょっと無理かも知れません。部屋の片付けやドライブースの掃除、HDDに溜まっているアニメの編集のなど、後回しになっていた事柄を済ませてからとなります。それでも小ネタがあれば、ちょくちょくアップする予定です。

|

« 今日のお買い物(12/3) | トップページ | 今日のお買い物(12/16) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日のお買い物(12/3) | トップページ | 今日のお買い物(12/16) »