« 名古屋オートモデラーの集い | トップページ | ポルシェボクスター(1) »

ゴルフⅤ

 オートモデラーの集いが終わってから気が抜けきっています。タミヤフェアに向けてボクスターの製作を始めたものの、いまいち調子に乗れません。この体たらくでは恐らく間に合わないと思います・・・
 てな訳で模型ネタは今回はお休み。代わりに我が家にやってきた実車ネタを紹介します。

 Simg_1756

 買っちゃいました!

っていうのは冗談で、愛車(先代ゴルフ)が3度目の車検を迎え、経年から結構マイナートラブルが出ていたので、ついでにあちこち修理を依頼したら一週間工場預かりとなってしまい、代車でやってきたのがこの現行ゴルフです。
 しばらく通勤で使っていますが、年式が新しい分各所の剛性感は高く感じます。ゴルフの持ち味である運転しやすさも引き継がれており、普通に乗るには申し分ナシです。しかしすべての面で新型の方が勝っているか、というと結構気になる点もあります。
 まず、フィーリングが全体的に安っぽくなっているような気がします。それは駐車場で切り返しの際に足回りから出る異音だったり(私のは7年目ですがほとんどしません)、いかにもプラスチックな内装(先代は表面に艶消し塗装がしてあってプラ特有のテカテカ感がありません)、スカスカなオーディオの音質(これが一番がっかりした)など、なんでこうなるの?的な疑問が結構あります。
訂正)後日あまりの酷さに設定を確認した所、TREが最大値など滅茶苦茶な設定になっていました。すべてをノーマルに戻したら、優劣付けがたい音質になりました(それでも僅かに中音域がかすれている気がしますが…)。「スカスカな音質」というのは事実誤認でしたので、訂正してお詫びいたします。ディーラーにとっては新型の良さを体感してもらう(買い替えを検討してもらう)チャンスなのに、こんなんでいいの?とも思いますがね。

 Simg_1760

 先代から引き継がれた夜間ブルーとレッドに光るメーター照明(最初はゲッ、と感じるが慣れると非常に認識し易いです)も新型では演出が更に派手になり(赤いスポット照明がシフトゲート廻りを照らしたりする)、よりカタマリ感を強調したデザインと相まって、エモーショナルというか「なんだかとても凄い感じ」で溢れています。この点は先代がデビューしたときも結構言われたのですが、更にエスカレートしている様に思います。実用性は行き着く所まで来てしまったので、ハイテクによる判りやすいプレミアム感とコストダウンに伸びしろを求めた車、といった印象を持ちました。

 ちょっと興味のある車でしたが、これなら今の車で十分です。

|

« 名古屋オートモデラーの集い | トップページ | ポルシェボクスター(1) »

コメント

オヒサ?
代車でも「ゴルフⅤ」乗れるのは羨ましいです!!知人が先日購入したのですが、ロック解除するとドアミラーのライトがドアハンドル付近と足元照らすのは便利だな~と関心していましたが、乗ってはいないのでただ単に「いいな~」程度しか思わなかったな。コメントは流石オーナーと思います!!
内装ですが、別の知人がトゥアレグ買ったので乗せて頂きましたがこいつは結構「ゲッ」(派手!!)とは思いました。ゴルフも似てるのかな?
でも色々な車にのれるのは面白いよね!!
(コメント文が支離滅裂ですまん!!)

投稿: DEL坊 | 2006年11月10日 (金) 01時07分

>DEL坊さん
 最近のVWは演出が過剰な傾向にあるようです。車の基本が出来ていれば問題ないのですが…日本車も日産ティーダやマツダアクセラなどゴルフに追いついている車もあり、ブランドイメージ戦略といった事情もあるのではないのでしょうか?
 本文では厳しい意見を書きましたが、運転のし易さ(クセの無さ)は未だ追従を許さないと思います。ご友人さんへ大事に乗ってあげてね、とお伝え下さい。また訂正がありますので、併せてお願いします。

投稿: mutti | 2006年11月12日 (日) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名古屋オートモデラーの集い | トップページ | ポルシェボクスター(1) »