« ポルシェボクスター(4) | トップページ | ポルシェボクスター(6・最終回) »

ポルシェボクスター(5)・今日のお買い物(11/26)

 ネットコンペの締切りまであと2日、果たして間に合うのか?かなり不安になってきましたので、今回は短縮版です。
 ボディは#2000のペーパーで研磨し、コンパウンドをいつもの通りタミヤ(粗目)→同(仕上目)→ハセガワのセラミックコンパウンドの順で磨きました。内装はボディ同色部分をモデラーズのフォーミュライエローで塗装し、マスキングしてモデラーズのフラットブラックグレーを吹きます。仕上げに艶を統一するためにクレオスのスーパークリアー(艶消し)を吹き、スイッチ類をエナメルのセミグロスブラックで塗り分けて完成です。

Simg_2195 Simg_2209

 後は小物類をちまちまと作成しますが、ボディ同色のヘッドライトカバーは時間切れで見送る予定です。

 製作に精一杯で時間が無いと言いつつ、乾燥時間の合間をみて書店へ買い物に行ってきました。今回は以下の4冊です。

Simg_2213

 まずは「日本の名レース100選」。今回は1981年鈴鹿1000kmです。表紙を見て判るとおり、伊太利屋カラーのポルシェ935K3が優勝したレースで、いつか製作してやろうと思っていた車です。スケールデザインというメーカーから違うカラーリングの車がレジンキットで出ており、デカール替えでキット化された時の資料として購入しました。本当は生沢徹がル・マンでドライブした仕様にしたいのですが…
 次にCG別冊自動車アーカイヴEX「日本のショーカー」。先日実家へ立ち寄った際に兄の本棚で見かけて、知らないショーカーが沢山掲載されていて面白かったので、私も購入しました。
 最後は小説2冊「銀盤カレイドスコープvol.8 9」。フィギュアスケートの話で、表紙絵とは裏腹に熱血スポコン物です。特にプログラム描写の臨場感が素晴らしく、グイグイと引き込まれてしまいます。実は1巻が出た時は表紙(絵師)買いの作品だったのですが、内容の面白さで続刊が出る度に買い続け、今回ついに完結となりました。ボクスターの製作が終わったら、じっくり読もうと思います。

|

« ポルシェボクスター(4) | トップページ | ポルシェボクスター(6・最終回) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポルシェボクスター(4) | トップページ | ポルシェボクスター(6・最終回) »