トップページ | 2006年9月 »

個人的書評と近況(8/31)

 昨日のお買い物ですが、本を2冊、閉店ギリギリでゲットしてきました。小説の方は “文学少女と飢え渇く幽霊” 著:野村 美月

Simg_0841_1

私は声を大にして言いたい。
これは良い!

 (以下ネタばれ有り注意)話は"文学少女シリーズ"の第2作。物語の本を「食べちゃう」位愛している文芸部部長の少女と、過去に大きな傷を持つ後輩の主人公。ひょんな事から学校の怪談事件に巻き込まれ、幽霊?の少女と出会うのだが・・・

 以前少し紹介した「月の盾」はヒロインが描いた絵画によって、人々がそれぞれの運命を受け入れ乗り越えることで、自らも救われる話でした。こちらはある名文学作品の物語をなぞるかの様に、人の心のすれ違いから生じる非情な運命と、過去を取り戻してあの時からやり直したい・・・そんな悲痛な願いが叶わない事の残酷さ。ハッピーエンドでありながらハッピーエンドでない、というやりきれなさは前作と同じですが、今回は3割増量な感じです。といっても鬱一直線ではなく、部長のキャラの廻し方でいくらか救われていますけど。

 とにかく続きが気になって、昨日今日で読了してしまいました。イラスト(挿絵)も、淡くて切ない雰囲気が本文と良く合っていると思います。激しくおススメ。

 もう1冊は、偶然ゲットできた「電車でD」の最新刊です。原作に従い?次回からはプロジェクトD編です。

 さて、本ブログのメインコンテンツであるwカーモデル製作です。 実はデルタと平行して進めていたものがあり、今月中に完成させる予定でしたが、ボディは完成したものの内装が全然進んでいません。ブツはReneissanceのアストンマーティンDBR-9です。来月はなにかと忙しいのですが、なんとかマク製作開始前までにはケリを付けたい…と思います。

Simg_0850

翠星石「つべこべ言わずにさっさと作りやがれですぅ!」

※こんなエントリばっかりだから暇人に思われるのだろうか?

| | コメント (0)

お知らせ(8/29)

 本日、宿六模型さんと相互リンクしました。管理人のいくさんとは、私が以前住んでいた所にある模型店で知り合いました。また別のサークルではありますが、お互い静岡ホビーショウ合同展にカーモデルで出展している同士でもあります。その仕上がりは絶品で、製作記も非常に参考になります。よき仲間、ライバルとしてお互いがんばりましょう!

 またマイフォトの方も、とりあえずランサーWRCをアップしました。他にも以前製作したものですが、順次アップしていく予定です。次は今週末あたりに取り掛かりたいと思います。

| | コメント (0)

お知らせ(8/27)

 このブログを閲覧された皆様、初めまして。muttiと申します。模型製作日記を中心に、ゆるゆるっと運営していきますので、よろしくお願い致します。

 実は今月初頭に開設し、以来非公開・パスワード規制していたのですが、先ほど解除しました。筆不精・熱しやすく冷めやすい性格なので、軌道にのるまでは・・・と思っていましたが、1台完成してやっていけそうな自信が持てました。今後も生暖かく見守ってやってください。

そのデルタですが、いつも参加しているネットコンペにエントリーしています。

http://l-point.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/2mc/test/gallery.cgi/index/

 私の作品はさておき、毎回素晴らしい作品がジャンルを超えて集まるので非常に刺激になります。是非御覧になってください。

 ところで、せっかく順調に滑り出した当ブログですが管理人多忙につき(笑)、しばらく製作記はお休みします。9月22日頃再開の予定です。ちなみにお題は↓です。

Simg_0833_1

雛苺「つぎは“ら~くまくら~れん”なの~♪」

| | コメント (4)

今日のお買い物(8/26)

 本当は「昨日のお買い物」ですがw

 デルタの友人は愛知県在住なので、お届けにあがるついでに名古屋近辺でいろいろ買い込んで来ました。まずは模型編。

Simg_0831_1

 何度か通販でお世話になっている「ラクーンオート」さんへ行って来ました。お店は1階がルノー5ターボ専門モータースとなっていて、メンテ中の5ターボがゴロゴロ。1度に5台なんて初めてみました。買い物の内訳はトランスキット(改造パーツセット)がアルピーヌA110 Gr.4仕様と日産R390GT1-98。ラリーカーのデカールが、去年のフォードと今年のプジョー。あと飲み会に参加した友人(モデラー)が近所のおもちゃ屋で発見したマルイのフェラーリ312T。¥2Kとの事だったので押さえてもらった品物です。

 続いてアニメ・マンガ編(笑) とらのあな名古屋店にて購入。

Simg_0828_1

 もえたんのリスニングCD。Vol.1を買いそびれていて、今回Vol.2発売のついでに購入。あと、今秋から始まるアニメ「Kanon」の予告編。原作のゲームにはまった私の、一番の期待作です。他にはコミック単行本が2冊と、ひいきにしている作家さんの同人誌です。一番の目的だった「電車でD!」の最新刊は売り切れでしたorz

| | コメント (0)

ランチアデルタ(15・最終回)

 昨日はデルタの引渡しを、依頼主の友人宅にて行いました。まずは実物とご対面。やっぱデルタはかっこEEEEEEE! 模型との2ショットを何枚か撮影して、無事納車完了。出来栄えに友人も喜んでくれた様子で一安心です。

Simg_0822_1 Simg_0805_1 Simg_0809_1

 その後は他の友人(とその奥さん・彼女)と合流して近所の居酒屋で飲み会です。私は自分の趣味に関して結構俺様な所があるので、良く知る友人はともかく、奥様・彼女さんはマジ引いていたかも。だからといって改める気はさらさら無いのですがw

 というわけで、デルタ製作記も無事最終回を迎える事が出来ました。完成写真をマイフォトにアップしましたのでよろしければ御覧下さい。また前回更新の補足を少々。ベースはWAVEのTケースを使用しましたが、そのままでは味気ないので床面にRCカー用のカーボンステッカー、アクセントとして運転席側にラリーチーム、助手席側にテクニカルスポンサー関連のロゴ(Mコレの16V赤マルティニ用ハクリデカール)を貼っています。

 本日は他にもネタがたくさんあるので、夜に引き続き更新します。

| | コメント (2)

ランチアデルタ(14)

 この製作記も大詰めになってきました。とりあえず作業工程を箇条書き。

Simg_0712_1 Simg_0714_1

 ナンバー類のデカール印刷、ウォッシャーノズルを虫ピンから削りだし、HFエンブレム取り付け、インタークーラー加工、サイドマーカー取り付け、エキパイ加工etc・・・

 サイドマーカーはHアイズの角にクリアーオレンジを吹きつけたものを一旦取り付けたのですが、厚みがありすぎて不自然なので0.5mmのプラバンで作り直しです。フォグランプも、実車はケース枠から一回り小ぶりであることが判明したため、やはり作り直します。

 とりあえず製作工程の公開はここまで。土曜日の納車の様子や完成写真をアルバムに整理して、日曜日にデルタ最終回を更新します。

| | コメント (0)

ランチアデルタ(13)

 引き続き小物です。ワイパーはブレードをエッチングに置き換え。しかしアームがゴツいエアロタイプなので相対的に貧弱に見えます。他はグリルと、エッチングメッシュを貼りました。グリルは赤い縁取りラインのガタつきと、向かって左下のへこみが気になるなぁ・・・。といっても、これが私の限界ですんで、修正しる!といっても出来ない相談なんですがorz。

Simg_0704_1 Simg_0707_1

 残るはナンバー類、マフラーエンド、フォグランプ、ベースといった所なので、土曜日納車ノープロブレムですよ、DEL坊さん!

| | コメント (0)

ランチアデルタ(12)

 気を取り直して製作再開です。とりあえず先に窓枠やアウトレット周りにクレオスのスーパークリアー(艶消し)を吹付けます。通常はセミグロスか艶消しの黒ですが、ボディが黒であり、かつBピラーに貼ったデカールの保護を兼ねて今回は艶消しクリアーとしました。

Simg_0688_1

 次に (´・ω・`)ショボーンな出来のライトケースを補修します。べたべたと付着したエナメルクリアーを溶剤で拭き取り、リフレクターのシルバーがはみ出た箇所をフラットブラックでタッチアップしてリカバリー成功! (`・ω・´) シャキーンな仕上がりとなりました。

Simg_0697_1

| | コメント (0)

ランチアデルタ(11)

 WFの疲れと暑さで、集中力が持ちません・・・今日はヘッドライトの加工です。ライトケースのメッシュはスタジオ27のエッチングパーツを使用。ロービームのプロジェクターランプはさかつうのパーツにスモークを塗って再現、レンズはモデラーズのライトレンズセットに交換します。レンズの接着しろが断面の小口しかないので、普段のGクリアーではなくエナメルのクリアーで接着したのですが、見事に失敗。とっても汚い仕上がりです・・・orz。とりあえず乾燥させて、はみ出た箇所を溶剤でふき取った様子で判断することにしますが、一気にモチベーションダウンです。こんな日は作業中断。とはいえ、納車日が今週末に迫っているので、明日から気持ちを引き締めてがんばります。

Simg_0687_1

| | コメント (1)

WF行って来ました

 年2回の恒例行事、WFへ行ってきました。静岡駅で模型サークル仲間のO君と待ち合わせ、7時19分のひかり号で東京へ。現地には9時前に到着したのですが、既に待機行列は一駅分ありました。まあ、いつもの事ですし、どうしても欲しいという物もないので、気長に待ちます。それでも10時開場で、40分位で会場入りできたので、まずまずです。

 FSSな人のO君と一旦別れて、欲しい順にディーラーを廻ります。希望の半分くらい買えたし、無理だと思っていたのがあっさりゲットできたりと、まずまずの戦果です。途中で大学時代の友人で、夜行バスで先行していたS君と合流し、一通り廻って1時過ぎに会場を後にしました。その後、神田のオリオン(模型店)や秋葉原の模型店めぐりをして、5時過ぎの新幹線で帰路に着きました。

Simg_0670_1

 画像は今日の買い物一覧です。WFといっても完成品が大半だったり、関係ない鉄道雑誌の早売り(21日発売)とか混じっていたりしてますが、まあ、こんな感じです。

 

| | コメント (0)

ランチアデルタ(10)

 引き続き研ぎ出しです。ハセガワのセラミックコンパウンドで、傷が目立つ箇所や入隅部分を重点に磨きます。納得できる仕上がりになったら、水洗いしてカスを落として完了。コンパウンド掛けで軟らかくなった塗膜が再び乾燥するまで、ボディの製作はしばらくお預けです。

 ぼちぼち小物類の製作を始めます。まずはナンバープレート。フジミのインレタをスキャンして、ペイントツールで作成します。同様にディーラーステッカーも作成。画像は試しに印刷したものです(サイズは調整します)。

Simg_0658 Simg_0663

 明日は朝からお出かけするので、製作日誌はお休みします。

| | コメント (0)

ランチアデルタ(9)

 本日から研ぎ出し作業に入ります。まずはボディ全体を#1500のペーパーで、当て木をして研磨します。

Simg_0646_1

 当て木は東急ハンズで購入した25mm角のゴムブロックを愛用しています。エッジを削らない様に注意しながら、ボディ全体をまんべんなく研磨します。削りカスを水洗いしてタミヤのコンパウンド(粗目)で2回磨き、再度水洗いしてからタミヤの仕上げ目で3回磨きます。

Simg_0650_1 Simg_0654_1 Simg_0656_1

 左からペーパー掛け、タミヤ(荒目)、同(仕上げ目)完了の画像です。工程を追うごとに鏡面に近くなっていくのが判りますでしょうか?まだまだ磨き傷が目立ちますが、とりあえず今回の更新はここまで。後はハセガワのセラミックコンパウンドでちまちまと磨く、地道な作業が続きます。

| | コメント (0)

ランチアデルタ(8)

 内装色について依頼主(実車オーナー)からコメントを頂いたので、組立開始です。灰緑色は半艶なので、クレオスのスーパークリアー(艶消し)を遠くから軽く吹きつけてアルカンタラっぽい質感を表現します。インパネ・運転席シートはモデラーズのフラットブラックグレー。インパネ中央の補助メーターは、デカールのニス(余白)を手芸クラフトに使う穴あけポンチを用いてくり抜きます。

 シートはレカロのSRタイプ、ステアリングはMOMOのRACE、シフトは限定車のクイックシフトに交換しているので、ジャンクパーツや自作して再現します。他にもラバーシフトブーツとカーボンパネルに交換していますが、後でカーボンデカール貼れば良いと思っていたら全く違う形状であることが判明orz後の祭りです・・・ダメカナ~?(姫子@ぱにぽにだっしゅ)

Simg_0634_1 Simg_0640_1 Simg_0642_1 Simg_0641_1

 残るはボディのみ。表面に爪を立てても痕が着かなくなりましたので、念のためもう一晩乾燥させて明日から研ぎ出しに掛かります。

 次回更新は金曜日夜の予定です。

| | コメント (0)

ランチアデルタ(7)

 足回りパーツの塗装が乾いたので、組み立てます。30分程でシャーシ完成。早速ボディを被せてみます。車高はいい感じですが接地感は今いち。シャーシの剛性がなく、ちょっとした力で捩じれると3点接地となってしまいます。またタイアの外径が大きいというか、扁平率が大きい気がします。狭いホイールへ無理にタイアの外面と合わせているため断面が膨らんでいると推測し、ホイール内側のガイド(ミミ)を削り取ってタイアを奥へ引っ込めた所、いい感じになりました。写真だとちょっと判り辛いですが左がBefore、右がAfterです。

Simg_0623_1 Simg_0632_1 Simg_0627_1

| | コメント (0)

ランチアデルタ(6)

 ボディは旅行前後に2回ずつクレオスのスーパークリアーを吹付けました。天気の良い日には外で乾燥させますが、黒いボディなので熱で変形しないように用心します。

 ボディ乾燥待ちの間にシャーシ・内装を進めます。足回りにクレオスのセミグロスブラック、内装色は写真ではちょっと緑が掛かったアイボリーっぽいのでタミヤの灰緑色(いわゆる零戦の飴色)を吹きます。もし違っていたら連絡ください。

 ここでトラブル。運転席シートの裏打ちが、ドライブースで乾燥中に割れてしまいました。再度パテ処理して塗装です。

Simg_0617_1 Simg_0620_1 Simg_0615_1

| | コメント (1)

高野山に行ってきました(3)

注)このエントリにはPCゲーム・TVアニメーション「AIR」に関するネタバレが含まれています。

S_img_0565_1 S_img_0542_1 S_img_0559_1

 まずは奥の院から。石畳の参道沿いには立派な杉の木に囲まれた墓石や供養塔が並んでおり、荘厳な雰囲気です。今も大師が生き続けているという弘法大師御廟へお参りしてから脇のハイキングコースに向かい、それらしい風景を撮影します。

Simg_0547_2 S_img_0556_1

 劇中では幽閉されていた母と再会し、法力僧の呪詛によって散った翼人・神奈。輪廻転生をくり返しながら観鈴と、柳也と裏葉の子孫である往人が神奈に掛けられた呪いを開放するまで1000年の月日が流れました。その舞台となった(とされる)この地はまさしく霊山。ちゃんと勉強してまた訪れてみたいです。それにしても一時間半ほどの山道でしたが、最後はひざがガクガクでした。現場監督時代は安全靴履いて、11階建てのマンション1日10往復は平気だったのに・・・体力おちたなぁ。あ、普通にお参りするならば道は完全に整備されているのでご心配ない様。

 その後一通り仏閣をお参リしてから帰路につきました。あまりに疲れていたので、南海電車は特急の指定をとり、爆睡。高野線は勾配路線で結構面白い区間なのですが、そんな余裕ありませんでした。なんばウォーク(地下街)でお好み焼きを食し(面倒だったので焼いてくださいと頼んだら、厨房ではなく目前の鉄板でバイトの娘が焼いてくれたのはちょっとびっくり)、近鉄特急「アーバンライナー」に乗車。自慢のデラックスカーは「ゆりかごシート」といって、リクライニングさせると座面の前端がせり上って少しひっくり返る姿勢になり・・・とても気持ちよく眠れます(笑)。鉄ヲタのくせに寝てばっかり(泣)。その後は名鉄~JRと乗り継いで22時33分、無事静岡に到着。とても充実した旅行でした。

 模型製作は明日更新分から再開します。依頼の他にも2MCもあるので、ちょっとペースをあげて行きますよ。

| | コメント (2)

高野山に行ってきました(2)

 いざ出発。静岡2:28発のながら号に乗車しますが・・・これは酷い。当然席に座れるはずもなく、デッキで新聞紙敷いて座ろうと思っていたのに、人多すぎで座れません(写真は無理でした)。結局次の停車駅である浜松まで1時間15分立ちっぱなし。しかも結構いい速度で走っていて揺れるのに、長距離用車両なので吊革はありません。左右に押しくら饅頭状態でした。

 浜松で30分ほど停車。隣に後続の臨時便が到着しますが、全車指定席で当然満席。それでも少し楽になった(空いた)のは、何人か指定席料金を払って乗車したのでしょう(乗っても座席ではなくてデッキなのは変わりませんが、こちらよりはいくらかマシ)。

 豊橋に4時22分に到着。そこそこ降車客がおりヤレヤレと思ったら、今度はハイカーやセントレアに向かう人が各駅からどんどん乗ってきて岡崎でまたスシ詰め状態に。積み残し客を置き去りにしながら名古屋に12分遅れの6時17分に到着。ここで私は下車です。ながら体験なら、大垣マラソン(終点大垣駅で米原行き接続列車の席を確保するために、一本しかない跨線橋で繰り広げられる競走)に参加するべきでしょうが、時間の都合と体力の問題でパスしました。

 6時22分発のこだま号で京都に向かいます。ながらが遅れたため接続がギリギリで、私のお気に入りである駅ホームのきしめんを食すことが出来ませんでした。しかし京都駅構内のうどん店で京うどんを食べてい たら、隣の女の子が自分のついでに私へお冷を注いでくれたので、良しとしましょう(ヲイ!)。

 京都からは再び18きっぷを使用。新大阪までJR新快速、なんばまで地下鉄に乗車。難波駅で3・3・SUNきっぷを購入して南海電車とケーブルカー、路線バスを乗り継いで11時に高野山に到着です。

S_img_0573 Simg_0541_1

| | コメント (0)

高野山に行ってきました(1)

 高野山に行ってきました。といっても突然仏道に目覚めたわけでも、御先祖様の供養でもありません。

 私の好きなゲームのなかに高野山でのエピソードがあり以前から行きたいと思ってまして、今回他にも目的が出来たので計画を立てました。

 今回の旅行の目的は

1.高野山めぐり(前途のとおり)

2.超繁忙期のMLながら号の乗車体験をする

3.今夏が最後の発売となる「3・3・SUNフリーきっぷ」を使う。

4.近鉄特急「アーバンライナー」のDXシートを体験する。

です。

 2ですが、青春18きっぷ発売期間の乗り得列車で有名な夜行列車MLながら号は、この時期通勤ラッシュ並みの混雑で、席のトラブルで小競り合いが起きたり車内で牛丼食べるOFF会があったりと阿鼻叫喚な光景が繰り広げられます。移動目的の人にとってはたまらないし、今まで私も乗車は敬遠していたのですが、興味はありました。

 3は近鉄・名鉄・南海電車が連続する3日間¥5,000で乗り放題(特急料金は別途)というきっぷで、最後の記念に使ってみようと思いました。

 4は豪華な内装が売りの列車・車両で今回ついでに乗車体験です。

 長文になってしまったので今回はここまで(まだ旅立ってませんがw)。随時更新していきます。

Simg_0607_1  

| | コメント (0)

ランチアデルタ(5)

 ボディはドライブースであらかた乾燥したので、エンブレム類のデカールを貼りました。引き続き乾燥中です。明晩位に、一回目のクリアーを吹こうと思います。

 他は内装、足回りのパーティングラインをちまちま消していきます。シートは運転席側だけ交換しているので、送ってもらった写真を参考にジャンクパーツから流用しました。

Simg_0521_1

 明日は早朝からお出かけなので、更新はお休みします(山登りじゃないよ。ある意味聖地巡礼だけど)。

| | コメント (2)

ランチアデルタ(4)

 台風一過、といっても私の住む地域では少し強風と降雨があっただけで拍子抜けでした。

 というわけで製作再開。まずはフロントグリルの加工から。友人の車は外から補器類がはっきり見える程のスケスケなメッシュに交換しているので、キットパーツをくりぬきます。とりあえず手元にあったメッシュをあてがってみましたが、ちょっと太めなんで、再考です。奥に見えるインタークーラー等も適当なジャンクを探してこないと。

Simg_0490_1 Simg_0508_1 Simg_0515_1

 ボディも本塗装が完了です。湿度が高いけど強行したら、やはりうっすらと白くカブり始めたので、ドライブースへ直行。少々表面が荒れましたが、カブりは回避できました。

 カブるという現象は、塗料が乾燥するときの気化熱で冷やされた空気中の水蒸気が結露して発生するので、塗装面を暖めるとOKなケースが多いです。副作用として急激に塗装面からシンナーが飛ぶので、表面張力による平滑な仕上がりは望めません。

 ついでに平行して製作中の車へクリアーを吹きました。

| | コメント (0)

今日のお買い物(8/8)

 台風接近で、天気は大荒れです。こんなメランコリーな日は製作を一休み、気分転換に買い物です。

 街で一番の書店にて、10日売りの新刊をFG(フライングゲット)してきました。

Simg_0499_1

 「月の盾」は6月新刊ですが、ネットでの評判が良いので購入。早速読み始めましたが、とても良い話です。おススメ。

 「萌える脳トレ」は、ヲタ知識がないと非常に難しいです(そこが面白いとも言えますが)。初回は48歳でしたorz

| | コメント (0)

ランチアデルタ(3)

 サフ吹き後、ボディの傷や修正箇所をチェックします。パーティングラインが消しきれてなかったり、面がきれいに整形されていないところを再度ペーパー掛けしてから、ボディ色の黒(1回目)を軽く色が乗る程度に吹きます。

Simg_0486_1 Simg_0493

 乾燥後、ゆず肌状態なボディ表面を#1500のペーパーで研磨します。少々下地が出ても構わずに、平滑に均して下地完成。今晩は天候が悪いので、本塗装はお預けです。

Simg_0495 Simg_0497

| | コメント (0)

ランチアデルタ(2)

 一度足回りを仮組みして、車高をチェックします。市販車としては悪くないバランスですが、友人の車は30mm程ダウンさせているので少し下げることにします。

 ストラットを切断して長さを詰める方法が一般的ですが、再接着の微妙な加減でアライメントが狂ったり、長さの統一、強度確保が難しいので今回はシャーシー側を弄ります。要はストラットを貫通する穴を開け上にプラ板で蓋をして、シャーシーの厚さ分だけ下げようという魂胆です。

 まずは元穴の芯をカッターで十字にケガいて置きます。次にストラット径まで大きく開孔し、やはり芯に十字をケガいたプラ板で復旧します。

Simg0481 Simg0483

| | コメント (0)

ランチアデルタ(1)

 早速製作に取り掛かります。

まずはボディの下ごしらえから。15年ほど前のキットなのでシャープさが足りない、全体がもっさりした感じです。Simg_0465 Simg_0464 Simg_0476

 

 

 

  なので#400のペーパーを当て木して研磨し、スジ彫りも彫り直します。私はプロホビーの「ミニッツ」をタミヤのカッターホルダーに入れた物を愛用しています。ボデイ2台くらい使用すると鈍ってきてしまいますが、断面がV字ではなく凹となるのでお勧めです(実は凄腕モデラーさんに教えてもらった技です)。画像左が加工前、右が加工後ですが、面がシャープになっているのがわかると思います。

 この後、サフ吹きとなりますがひとまず置いといて、次回は車高調整についてです。

| | コメント (0)

ブログ開設にあたって

 皆様、始めまして。muttiと申します。

 このブログは、私の趣味のひとつである模型(プラモデル)製作日誌を中心に、コミックやその他雑感を掲載していきたいと思っています。更新ペースは週1~2回程度に、あまり無理せずにゆるゆるっとやっていきます。

 ブログタイトルは色々考えた結果、私の一番好きな季節で、かつアマチュアモデラーの祭典である静岡ホビーショウ合同展のある5月から頂戴しました。まあ、合同展のために1年が回っているような人間なので、これもありかな、と。

Simg_0457

記念すべき?第一作は友人から依頼されたハセガワの1/24ランチアデルタ・インテグラーレです。ちょっと昔のキットですが彼の愛車でもあるので、できるだけ個体を再現しようと思います。

|

トップページ | 2006年9月 »